同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/23(土) 06:01:18.458 ID:monSC5PMa.net

俺「だ、誰だって酷い......。まゆしいはまゆしいだよ?オカリンの人質だよ?」

岡部「は、はぁ?まゆりがそんなに醜い容姿のハズがないだろう。何のイタズラかは知らんがあまりこの鳳凰院凶真を怒らせないうちにやめておくことだ」

俺「み、醜い......。今日のオカリンは様子が変なのです。何か嫌なことでもあった?」ウルッ

岡部「う......確かに初対面の人の容姿を醜いなどとは失礼だったな。......おい!やめろ!腕を絡ませるんじゃない!!」

俺「トゥットゥルー♪ えっへへ....../// やっぱりオカリンはオカリンだ」ニコニコ

岡部「っ......もしかして気づかないうちにまゆりの容姿が死んだ世界線に飛ばされたとでもいうのか......!?まゆり!すぐにラボに戻るぞ!」グイッ

俺「あっ、オカリン待ってよ~!やっぱりいつもと様子が変だよ!?」タッタッ



3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/23(土) 06:02:45.570 ID:monSC5PMa.net

岡部「.........」

まゆり「あっ、オカリンお帰り~!あれ......?その人誰......?新しいラボメンさんかなぁ?」ニコニコ

岡部「おい......!これはどういうことだ。やはりお前はまゆりでは......」ボソッ

俺「.........」

俺「オラァ!!この偽物が!!」ドガッ

まゆり「!?」

俺「岡部は俺のもんだ!!おめぇみたいな電波が出る幕じゃねぇんだよ消えてろ!!R世界線に飛ばしてやろうかあァん!?」ゲシゲシ

岡部「おい......やめろッ!!まゆりに手を出すんじゃない!、、やめろっつてるだろうがッ!!」バキィッ

俺「っ......オカリン」ズキィ

まゆり「げほっごほっ......オカリン、まゆしいは大丈夫だよ?っ......オカリンに、喧嘩は似合わないのです......」ニコッ

岡部「まゆり!!うぅ......俺としたことがこんな不審者をラボに上がらせてしまうとは」

岡部「おい!!何をぼけっとしている!早くラボから出て行かないとこの鳳凰院凶真が地獄よりも恐ろしい目に合わせてやるぞ!」

俺「っ....../// オカリンのバカ!」ウルウル

紅莉栖「おーい岡部!ドクペ補充してきてやったぞ。感謝しろー」ガララッ

紅莉栖「あれ......な、なんだこの状況は......」