岡部倫子「これがシュタインズ・ゲートの選択……!!」【#07】



最初から


一つ前から


561 : ◆/CNkusgt9A - 2016/04/02 19:47:51.79 qTKNtn1yo 1062/2638

第13章 閉時曲線のエピグラフ(♀)
ブース内


真帆「お、落ち着いたかしら......ハァ......ハァ......」

倫子「ごめんなさい......」シュン

真帆「普通なら出禁よ、出禁! まったく......」

Ama紅莉栖『あの、先輩。先輩は、岡部倫子さんとはどういう関係ですか?』

真帆「この前のATFセミナーで会ったの。なかなか研究熱心な学生さんでね、いずれは私の助手になってもらいたいと思っているところよ」

倫子「えっ? そ、そうなの?」パァァ

真帆「冗談よ、冗談」

倫子「............」シュン

真帆「うぐっ、何この罪悪感......」

Ama紅莉栖『へぇ、結構評価されてるんですね。岡部さん、専攻は脳科学ですか?』

倫子「あぅ、えと、その......」

倫子「(......やっぱり、私の知ってる紅莉栖じゃないんだ。この"紅莉栖"は、私の知らない紅莉栖の過去......)」

Ama紅莉栖『......やっぱり、"オリジナル"の死がショックだったんですよね。先輩、そういう人を私と会話させて大丈夫なんですか?』

真帆「私も教授に具申したのだけれど、『Amadeus』がサイコセラピー効果を出してくれれば、というのを期待しているらしいわ」

Ama紅莉栖『なるほど......確かに有意義かつ結果を提示しやすい実験ですね』

Ama紅莉栖『私個人としても、自分の知識が活かせる目標ができて嬉しいところです。つまり、岡部さんの社会生活を応援してあげればいいんですね』

真帆「そういうこと。期待してるわ」

続きを読む