紅莉栖「恥ずかしいわね」ルカ子「ボクと、つきあってください!」


1 : 以下、名... - 2011/07/29(金) 03:01:03.15 Rls9hi+Q0 1/108

岡部「フゥーハハハ、颯爽登場!鳳凰......いん......」ガチャッ

紅莉栖「......うん、いいわよ」

ルカ子「あ......はい!」


岡部「......お前たち、今、何を」

紅莉栖「あら、ハロー岡部」

ルカ子「......こんにちは、岡......凶真さん」

元スレ
紅莉栖「恥ずかしいわね」ルカ子「ボクと、つきあってください!」

2 : 以下、名... - 2011/07/29(金) 03:05:45.15 Rls9hi+Q0 2/108

岡部「今何を、会話していたのだ......?」

紅莉栖「え?何って、それは」

ルカ子「......その、ボクが、クリスさんに......」


岡部「......ん?......いや、続けろ」

紅莉栖「だーかーらー、るかくんが私にね」


岡部「......んん?......それで」

ルカ子「つきあって......欲しいと......」


岡部「......」

岡部「ク......クク......フフフ......」

7 : 以下、名... - 2011/07/29(金) 03:14:01.82 Rls9hi+Q0 3/108

岡部「フゥーハハハハハハ!!!」

紅莉栖「何よ、うっるさいわねー」


岡部「わかっている、わかっているんだよ!このオチがなぁ!!」

岡部「何番煎じのネタだ?......そういうのは、この鳳凰院凶真には通じんぞ?」

ルカ子「え?あの......何が......」


岡部「どうせ、こういうことなんだろう?

『ボクと、(買い物に)つきあってください!』、みたいなぁ!?」

紅莉栖「......」

岡部「クク、どうだ、図星だろう?......それとも別のことにつきあってくださいとか、
そういうニュアンスか?どちらにせよ、俺を謀ろうとしても無駄無駄無駄!
全ては俺の魔眼、リーディングシュタイナーが――」

ルカ子「あの......凶真さん......」

岡部「まったくビックリするではないか、ラボにきて早々『つきあって』とか。
ダルだったら妄想の一つや二つに花を咲かすんだろうが――」

紅莉栖「......岡部、あんた」

続きを読む