サターニャ「ラフィエル、子供の名前は何にするの?」ラフィエル「は?」


1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/07(日) 18:33:54.586 :Tg0phEgA0.net

ラフィエル「......えーと、ちょっとよくわかりませんでした。もう一度お願いします」

サターニャ「だーかーらー、子供の名前よ。私的にはサラフィーとかが良いと思うんだけど」

ラフィエル「はぁ......誰の子供ですか?」

サターニャ「あんたと私の」

ラフィエル「どうして?」

サターニャ「どうしてって......だって、卒業したら結婚するんでしょ私たち」

ラフィエル「..................はい?」


13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/07(日) 18:35:30.270 :Tg0phEgA0.net

ラフィエル「サターニャさん、ちょっと待ってください。色々おかしいことがあります」

サターニャ「いたって理路整然としてるじゃない」

ラフィエル「あ! さては偽物ですねあなた! サターニャさんが四字熟語なんて使えるはずがありません!」

サターニャ「サタニキアパンチで吹き飛ばすわよ?」

ラフィエル「すみません」

ラフィエル「まあ戯れは置いておきまして......、どうして私たちが結婚することに?」

サターニャ「いや......だってあんた、頻繁に私の家に忍び込んでくるじゃない」

ラフィエル「はい」

サターニャ「それに一緒の布団で寝たし」

ラフィエル「......はい」

サターニャ「あんた私のこと好きなのかなって思って」

ラフィエル「よしんば好きだったとして、サターニャさんはそれでいいんですか?」

サターニャ「いろいろ考えたけど......
やっぱり私の日常は、あんたがいないと成り立たないことに気付いたの」

ラフィエル「いえ、日常激変するんですけど」

サターニャ「進歩に変化はつきものよ」

ラフィエル「そういう話じゃないです」


続きを読む