ガヴリール「ある日の天使と悪魔の日常」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/15(土) 00:22:03.739 ID:R2aDBDlq0.net

その1

―天界 天真家―

ミーンミンミンミン ミーンミンミンミン

ガヴリール「............」団扇パタパタ

ガヴリール「今年の天界は暑いな.......」パタパタ

ガヴリール「やっぱ、天界は昭和だな......せめて、家に扇風機ぐらいあってほしいよ」パタパタ

ガヴリール「......」パタパタ

ガヴリール「早く、下界に戻って冷房が効いた部屋の中、快適にネトゲをしたい......」ハア



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/15(土) 00:23:11.505 ID:R2aDBDlq0.net

ゼルエル「......ガヴリールどうした? 天界への定期報告書は書き終わったのか?」

ガヴリール「ああ、ゼルエル姉さんか......今はそれどころじゃないよ......」パタパタ

ゼルエル「明日が提出期限だろう?」

ガヴリール「そうだけど......こう暑かったらやる気も出ないよ」パタパタ

ゼルエル「はあ......昔の真面目なガヴリールはどこに行ったのやら」

ガヴリール「その私は残念ながら幻想だったね」ハハハ

ゼルエル「......」イラッ

ゼルエル「今すぐ取り掛からないと、天界に強制送還するぞ? ガヴリールいいのか?」

ガヴリール「今すぐ終わらせます!」バッ



3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/15(土) 00:23:45.672 ID:R2aDBDlq0.net

ガヴリール「......」カキカキ

ゼルエル「......」ジー

ガヴリール「......」チラッ

ゼルエル「どうした? 手が止まっているぞ」

ガヴリール「こう、じっと見られたらやりにくいよ......」

ゼルエル「気にするな」

ガヴリール「気にするなって......もういいよ」ハア



続きを読む