ガヴリール(5)「さたーにゃちゃん!あそんで!」サターニャ「フフフ……私のしもべになるなら遊んでやるわ」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 20:48:45.718 ID:JiPhBTta0.net

ガヴリール(5)「しもべ?ってなぁに?」

サターニャ「え?えーっと......私の命令に従う......つまり、言うことをちゃんと聞く子になってってことよ!」

ガヴリール(5)「わかった!わたし、さたーにゃちゃんのいうことちゃんときいていいこにしてるね!」

サターニャ「そうよ、それでいいのよ!」

ガヴリール(5)「じゃあ、あそんで!」

サターニャ「いいわ!それじゃあ何をしましょうか」

ガヴリール(5)「うーん......あ!おにごっこ!!」

サターニャ「鬼ごっこね......悪魔の私にふさわしい遊びじゃない!」

ガヴリール(5)「じゃあわたしおにね!!」

サターニャ「ええ!?私が鬼が良いのに!」

ガヴリール(5)「ええ~?もー、しかたないなーさたーにゃちゃんは......わがままいってー」

サターニャ「だ、だって鬼なんだから悪魔の私が務めるべきでしょう!」

ガヴリール(5)「はいはい、じゃあさたーにゃちゃんがおにね...」

サターニャ「それで良いのよ!!」



5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/18(土) 20:54:17.421 ID:JiPhBTta0.net

ヴィーネ「~♪......ん?あの公園にいるのは......サターニャ?と......子供?」

ヴィーネ「見たことない子ね......でも、何だかよく知ってる子のような気もするわ......」

ヴィーネ「サターニャー!」

サターニャ「あっ、ヴィネット!!その子捕まえて!!」

ヴィーネ「えっ、えっ?」

ガヴリール(5)「きゃー!はははは!!」

ドンッ

ヴィーネ「きゃっ、だ、大丈夫?」

ガヴリール(5)「あっ......ごめんなさい」

サターニャ「よし......はぁ、はぁ、よ、ようやく捕まえたわ......!!」

ガヴリール(5)「さたーにゃちゃんずるいよ、おとなげない......」

サターニャ「何ですって!」

ヴィーネ「サターニャ、この子は誰?」

サターニャ「ガヴリールよ」

ヴィーネ「え」

ガヴリール(5)「がヴりーるです!」

ヴィーネ「え...ど、どういうこと...?」

サターニャ「魔界通販で若返りアイテムを買ったのよ!」

ヴィーネ「ああ...また...(グッジョブ!)」


続きを読む