ヴィーネ「ガヴニストの朝は早い」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/18(土) 00:27:55.892 :2M0xyaEQ0.net

それは、本当にちょっとした出来心だった

ヴィーネ「ガヴーお風呂沸いたわよ」

ガヴ「んー、ちょっと待って」

ヴィーネ「今日は体育で汗かいたんだからちゃんとお風呂入りなさいよ」

ガヴ「えー・・・別にいいじゃん汗なんてもう乾いたし、どうせ明日休みだし」

ヴィーネ「そういう問題じゃないわよ、いいから入っちゃなさい」

ガヴ「分かったから引っ張るなよ」

ヴィーネ「それと、体操着洗濯するから出しておいてね」

ガヴ「へーい」

ヴィーネ「まったく、私が居ないとホント何もしないんだから」

ヴィーネ「さて、ガヴがお風呂入ってる間に洗濯機回そ」

ヴィーネ「ガヴの体操着は・・・あったあった」

ヴィーネ「・・・・・・」


3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/18(土) 00:31:52.937 :2M0xyaEQ0.net

少しだけ汗の湿り気が残る体操服を手にしたとき、ふと思った

このまま持ち帰ってもガヴは気づかない

ヴィーネ(洗濯は私がしてるわけだし、ちょっとくらい役得があってもいいんじゃない?)

ヴィーネ(家で洗って、明日こっそり戻せば何の問題もないわ)

ヴィーネ「大丈夫、ちょっと借りるだけだし・・・」

私はガヴの体操着をこっそりと自分の鞄にしまい、洗濯機のスイッチを押した

ガヴ「ふぅ、さっぱり~」

ヴィーネ「晩御飯もう少しで出来るから、お皿だしといて」

ガヴ「んー」

出来るだけ平然を装い、ガヴと夕食を共にする


続きを読む