SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

少女「何でもしますから・・・食べものを・・・」俺「おk」

2:妄想大好き ◆vaC/y1iYTsLP:2014/12/28(日) 22:13:26.18 ID:usf50g6io


(ある冬の日の夜)

俺「(ふぃ~今日も上司に手足のようにコキ使われまくりでしたよ~っと)」テクテク

俺「(略して『手コキ』ってなwwwww)」テクテク

俺「(・・・なんだろう、急速に死にたくなってきた)」テクテク

俺「(給料まぁまぁだから我慢するけど、年収があと100万低かったらとっくにヤメとるわボケが!)」テクテク

俺「(そんな俺様の唯一の癒し! そう、それは吉野家の牛丼!!)」テクテク

俺「(牛丼の特盛に並牛皿を追加して、お新香と半熟卵とゴボウサラダをセット。
敢えてお持ち帰りにして自宅でマッタリ晩酌、これ至高の週末の夕食。
余裕で1000円超えるけど、ささやかな贅沢ってね♪)」テクテク

3:妄想大好き ◆vaC/y1iYTsLP:2014/12/28(日) 22:14:40.27 ID:usf50g6io


ビュゥゥゥゥ~~~

俺「(それにしても寒いなぁ・・・土日は絶対引きこもろうっと。このクソ寒いのに
クリスマスだ初詣だと出歩くカップルが理解できん。リア充ども、爆発四散しろ!!)」テクテク


少女「・・・あ、あのっ」

俺「えっ?・・・俺ですか?(ウホッ!オレ好みの黒髪ショートのカワイコちゃんキタコレ!!)」

少女「・・・・・・あの・・・その・・・」ブルブル

俺「こんな寒い日に、そんな薄着で・・・大丈夫ですか?」

4:妄想大好き ◆vaC/y1iYTsLP:2014/12/28(日) 22:15:25.63 ID:usf50g6io


少女「お腹が空いて・・・何も食べてなくて・・・寒くて・・・」ブルブル

俺「えっ・・・」

少女「何でもしますから・・・食べものを・・・」

俺「おk」

少女「えっ?」

俺「俺んちこの近くのマンションだから、良かったらウチにおいでよ。この寒いのに
そんな恰好じゃ、風邪どころか肺炎まっしぐらだよ。いいからおいでおいで」ニッコリ

少女「・・・はい」

5:妄想大好き ◆vaC/y1iYTsLP:2014/12/28(日) 22:16:31.80 ID:usf50g6io


俺「さ、上がって上がって。ごめんねー、ちょっと散らかってるけど・・・」

少女「お、お邪魔します・・・」ブルブル

俺「いま、床暖房とエアコン入れるから、ちょっと待っててね」ピッ ピピッ

少女「はい・・・」

俺「お腹空いてるんでしょ?今、買ってきた牛丼取り分けるからちょっと待っててね。
そうだ、あったかいお茶と味噌汁も作るか・・・」ゴソゴソ

少女「・・・・・・」

6:妄想大好き ◆vaC/y1iYTsLP:2014/12/28(日) 22:17:33.85 ID:usf50g6io


俺「はい、牛丼大盛お待ちィ!・・・あ、そうだ。アレルギーとか好き嫌いとかない?」

少女「だ、大丈夫です・・・」グー

俺「よっぽどお腹空いてるんだね・・・ささ、とにかく食べな食べな。俺の事待たなくていいからさ。はい、割り箸。」

少女「い・・・いただきます・・・」パキッ

俺「さて、お湯沸かしてくるね」スタスタ

少女「・・・・・・」パクパクモグモグ

続きを読む

関連のSS

男「答えは沈黙」
48pt
部屋の主人(♀)「信じられないなら信じなくていい。でもね、もうキミに居場所なんてないんだよ。」
12pt
女「"You may word dream."」男「素敵だね」
68pt
5000円払って、彼女の1時間を買った話。
20pt
男「アタシアタシ詐欺?」
35pt
女「精◯を操る能力?」
29pt
男「彼氏に嫉妬されたい?」幼馴染「うん」
46pt
ヤンキー女「好きだ!付き合え!」キモオタ俺「嫌でござるw」
46pt
男「よく人に道を聞かれるんだけど」友「それってナメられてんだよ」男「マジで!?」
54pt
幼馴染「本日私は、フラれました」
35pt
幼馴染「どこにでもいるありふれた魔法使いですけど?」
13pt
男「チョコもらえなかったから、自分で自分にチョコあげよっと!」
96pt
OLお姉さん(♀)「……そろそろ、お姉さんのものになる心の準備は出来たのかな。」
11pt
女「私は...名前がわからない...」男「なら安価だな」
34pt
金髪「お前の話、超同人誌すぎだろw」男「そうですか?」
幼馴染「バレンタインチョコ?あるわけないじゃん……」
29pt
母「痛いの痛いの、デートの約束をすっぽかしたパパのところに飛んでけー」ギリギリ
30pt
ssでは学べない高校物理の公式
35pt
男「懲役30日……!? 嫌だっ! 助けてくれーっ!!!」
70pt
幼馴染「もういい加減諦めたら?」