以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/24(土) 04:08:50.79 ID:aa9awWeM0
棚町「......純一、あんたそれ本気で言ってんの?」

純一「当たり前だろ!こんなこと冗談で言えるはずがないじゃないか!」

棚町「......はぁ、あんたがそこまで変態だとは思わなかったわ」

棚町「とりあえずあたしバイトあるし帰るから」

純一「待ってくれ、ほんの少しでいいんだ!」

棚町「イヤなものはイヤ!なんでいきなりそんなアブノーマルなことしなきゃいけないのよ」

純一「薫......」

棚町「ったく......急に呼び出すもんだから何事かと思えば......」

純一「......わかった、じゃあ......見せるだけでいいから......!」

棚町「はぁ......それもダメに決まってんでしょ......今日のことは忘れてあげるからもう

純一「僕の毛も見せるから!」

棚町「......えっ?」

以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/24(土) 04:11:00.65 ID:aa9awWeM0
棚町「......あんたのも?」

純一「......うん」

棚町「(そういえば男の人のあそこの毛なんて見たことないし......純一のあそこの......)」ドキドキ

純一「.........」

棚町「(まぁ......ちょっと見せるくらいなら......)」ドキドキ

純一「......ダメかな?」

棚町「......じ、じゃあ......ちょっとだけなら......」

純一「!本当か!?」

棚町「そのかわり!......言い出しっぺなんだからあんたから見せなさいよ!」

純一「......う、うん」ドキドキ