【艦これ】北方のとある鎮守府の話


35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 17:10:54.66 ID:T3f6HlXkO

つづきいくよ
オムニバス幾つか挟んで本編
原田美世に清き1票をよろしくね



36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 17:12:40.63 ID:T3f6HlXkO

《休日の過ごし方1》

4月某日・早朝

【鎮守府・執務室】

提督「今日は丸一日休みにします!」デーン!

大和「・・・」

提督「・・・」フンスフンス

大和「・・・」

大和「・・・ふぅ」

大和「・・・どうしたんですか、起きがけに」

大和「・・・まずその寝巻きを着替えてください。はい、これ」スッ

提督「あっ、私のドレス。洗濯してくれたんだ。ありがとー」

ゴソゴソ

大和(堂々とここで着替えるのね・・・)


37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 17:14:25.68 ID:T3f6HlXkO

ファサ

提督「・・・よし!おっけー!」

提督「うぅん・・・やっぱりかた苦しい軍服は性に合わないんだよねえ」

大和「提督ったら・・・」

大和「・・・せめて外に出る時だけでも、軍服を上に羽織ってくださいね?」

提督「わかってるよー」

大和「脱いだ物はこのカゴに入れてください。後で私が洗っておきますから」

提督「ありがと。ほいほいっと」ポイポーイ

提督「・・・で、さっきの話だよ!」

大和「休み・・・ですか」ウーン

提督「そうそう。ほら、私たち、ここに赴任してから1週間くらい経つけど、なんだかんだで働き詰めだったでしょ?」

大和「ほとんど鎮守府の掃除と昔の書類の整理しかしてませんでしたね」

提督「うんうん。いくら深海棲艦の脅威が差し迫っているにせよ、私たちも人間。休みなく動き続けることは、やっぱり不可能だよね」

大和「はい」

提督「そんな訳で、私たちの疲労はピークに達していると言っても過言ではない・・・」

大和「まあ、確かにそうですね」

提督「そう!」

提督「だからこそ!今こそ!私たちは!休むべき!」

提督「のんびりと束の間の休息に身を委ねて、疲れた身体と心を労わり、来たるべき時に向けて備えるべき・・・」

提督「・・・そうは思わない、大和?」チラ

大和「うーん・・・お気持ちはよくわかりますけど・・・」

提督「・・・何か問題?」

大和「・・・あのですね」

提督「うん」

大和「そもそも」

提督「そもそも?」

大和「・・・もう、やる事が無いんです」

提督「・・・?」

大和「・・・無いんですよ」

提督「・・・お仕事が?」

大和「・・・はい」

提督「何も・・・?」

大和「はい・・・」

提督「・・・」

提督「」



続きを読む