1: 2017/10/18(水) 18:15:58.23 ID:5Ji8UezI0

―――最囚学園 食堂......

赤松「えっ!? 最原くんと白銀さんが!?」

百田「ああ、時々二人一緒にどこぞに消えるらしいんだ」

真宮寺「僕も二人が一緒に居る所を見たヨ。なんだか楽しそうだったネ」

王馬「にしし! 何だか怪しいよね!? もしかして二人で隠れてイケナイことしちゃってるのかな~!?」

赤松「そ、そんなこと無いよ! あの二人に限って、そんな関係なはずが無いってば!」

夢野「んあ? イケナイこととはなんなんじゃ?」

春川「夢野が知る必要は無いよ」


2: 2017/10/18(水) 18:16:25.87 ID:5Ji8UezI0

夜長「気になるね~! 終一とつむぎは何をしてるんだろうね~? 事と次第によっては血の雨が降るよ~!」

入間「ひぃぃっ! なんか物騒な言葉が聞こえたぁっ!?」

星「ったく......そう言うプライベートなことを嗅ぎまわるんじゃねえよ。本人たちの好きにさせてやれ」

キーボ「しかし、気になることは気になりますよ。二人でこそこそと殺人計画を練っている可能性だって否定しきれません」

茶柱「そうでなくとも女子である白銀さんが男死と二人きりだなんて......! 万が一間違いがあったらどうするんですか!?」

天海「まあ、確かにこそこそされると気にはなるっすよね......」

獄原「じゃあ、ゴン太が二人に聞いてみるよ! 二人で何してるの? ってさ!」

春川「......それをしても意味無いんじゃない? もしもやましいことがあったら隠すだろうし、本当の事を言うとは限らないよ」

獄原「あ、そっかぁ......」

東条「......ちょっと良いかしら?」

赤松「東条さん、どうしたの?」

東条「実は、もう既に二人の行動パターンは調べてあるのよ。私も気になった物だから、こっそりと後をつけてみたのよね」

赤松「ほ、本当に!? それで、二人はどうしてたの!?」

東条「地下のAVルームに入って行ったわ。そこから先は流石に調べられなかったけど......」

王馬「鍵のかかる部屋で男女が二人きり......これは、ひょっとするとひょっとするんじゃないかな!?」