1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 01:48:53.82 ID:lyJ+/zwN0



シンジ「へぇ、こんなの初めて見たよ。美味しいのかな?一度買ってみようか。」バサッ

アスカ「.........っ!!バカシンジ!あんた...。変じゃない!いったいどうしたのよ!!!アンタいつからミサトになっちゃったの!?」

シンジ「」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 01:49:41.74 ID:lyJ+/zwN0

シンジ「アスカ、いくら僕だって冷凍食品くらいは食べるよ。特に夜食なんか一人前だけわざわざ料理するのは流石に手間なんだよ。たまには手抜きさせてよ。」

アスカ「そんな!シンジがそんなミサトみたいなこと言うなんて......!アンタ本当にシンジなんでしょうね!?背中にチャックが付いてて開けるとミサトが出てくるだとか
首筋にエントリープラグ挿さってて開けると中から小ちゃいミサトが出てくるとかそんな妙なギミック搭載してたりしないわよね!?」

シンジ「落ち着いてよ、アスカ!僕は着ぐるみでもエヴァでもないよ!アスカはいったい僕やミサトさんにどんなイメージをもってるのさ!特にミサトさんの扱いが酷すぎるよ!
いくらミサトさんだって冷凍食品ばっかりじゃないよ。コンビニ弁当やレトルトカレーにカップ麺だって食べるじゃないか!」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 01:55:39.47 ID:lyJ+/zwN0

アスカ「そうよね、それ以前にミサトなら真っ先にビールよね。」

シンジ「そうだよ。それにアスカがまだ日本に来る前はミサトさんも炊事の当番してたこともあるんだよ。極端に下手なだけで自炊しないわけじゃないんだよ。」

アスカ「嘘!?ミサトがレトルトや冷凍食品を加熱したりカップ麺にお湯を注ぐ以上の高難度レシピを習得してるって言うの!?」

シンジ「習得はしてないよ。レトルトカレーからバイオ兵器を錬成しただけだったよ。」