王「勇者のためにセーブポイントを設置してまいれ」村人「頑張りますだ!」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/07(火) 00:08:49.088 ID:siToUvCf0.net

― 城 ―

王「おぬしが王国主催の体力テストで、トップだった村人か」

村人「そうですだ」

王「では、その身体能力の高さを見込んで、おぬしに特命を申しつける」

村人「は、はいっ!」

王「近々、魔王討伐のために、勇者が仲間とともに出発することになっておる」

王「しかし、その旅は困難が予測される。おそらく幾度となく難所にぶつかり、つまずくことだろう」

王「そこで、おぬしに勇者のためにセーブポイントを設置してもらいたいのだ!」

村人「セーブポイント......?」



9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/07(火) 00:11:40.770 ID:siToUvCf0.net

村人「なんですか、セーブポイントって?」

王「セーブポイントとは、勇者のみ扱える冒険を記憶することのできる装置だ」

王「これがあれば、勇者がたとえ冒険の途中で倒れても、そこからやり直すことができる」

王「しかもこれは、絶対に破壊することはできないのだ」

村人「へぇ~、すごい装置ですねえ」

王「おぬしには勇者の旅を先回りするようにして、これを各地に設置してもらいたい」

村人(こりゃあ大役だ......!)

王「ただし、気をつけるべきことが二つある」

村人「なんですか?」

王「一つは、セーブポイントの数は限られている。全部で50個しかない」

王「そしてもう一つ、一度設置してしまえば、やり直しは効かぬ」

王「ゆえに、どこにセーブポイントがあれば勇者が助かるかをよく吟味して、設置してもらいたい」

王「頼んだぞ」

村人「......頑張りますだ!」


続きを読む