勇者「勇者の紋章が尻に浮き出た」


1 : ◆DlK/q.XOv. - 2017/11/12(日) 20:27:06.72 7KNSqK8+0 1/10

宿屋「はい?勇者様だって?」

勇者「はい、そうです」

勇者「王様から聞いたんです、勇者だと名乗れば宿屋に格安で泊まれるって」

宿屋「・・・確かに、国からそういう通達は来てたな」

宿屋「ただし、本物の勇者様には勇者の紋章が体のどこかに浮き出ているはずだ」

宿屋「それを見せてくれたら、お前が勇者だって信じてやる」

勇者「・・・ごめんなさい、見せられないです」

宿屋「はっ、騙りかよ。さっさと行っちまいな坊ちゃん」

勇者「失礼しました・・・」

元スレ
勇者「勇者の紋章が尻に浮き出た」

2 : ◆DlK/q.XOv. - 2017/11/12(日) 20:27:42.92 7KNSqK8+0 2/10

戦士「どうだった?」

勇者「断られちゃったよ・・・」

戦士「なんだと!?王様は嘘ついてたってことか?」

勇者「ちがう!そうじゃないんだ・・・」

勇者「僕が・・・勇者の紋章を見せなかったから・・・」

勇者「勇者だって信じてもらえなかったんだ」

戦士「だったら!だったら見せればいいじゃないか!勇者の紋章を!」

勇者「・・・・・・にあるんだ」

戦士「なんだって?もう一回言ってみろ勇者!?」

勇者「だから!勇者の紋章は尻の右半分に浮き出てるんだって!」

戦士「!」

3 : ◆DlK/q.XOv. - 2017/11/12(日) 20:28:00.50 7KNSqK8+0 3/10

勇者「うぅ・・・」

戦士「勇者よ・・・恥ずかしいのか?」

勇者「あ、あたりまえだよう・・・」

戦士「お前が恥じているのは、その尻に浮き出た勇者の紋章か・・・?」

勇者「・・・?」

戦士「いや、そうじゃない!」

戦士「女神に選ばれた勇者である貴様が!勇者である証を恥じるはずがない!」

戦士「勇者!貴様が恥じているのは、そのたるみ切った貴様自身の尻のことだ!」

勇者「!」

続きを読む