【ダンガンロンパ】最原「これが真実だよ」【V3】


1: ◆AZbDPlV/MM 2017/03/02(木) 16:31:48.88 ID:e3UJv41P0

このSSにはV3そのもののネタバレしかありません。
また、V3そのものの捏造しかありません。
未プレイの方の閲覧は非推奨です。
短い。圧倒的短さ。


2: ◆AZbDPlV/MM 2017/03/02(木) 16:33:21.65 ID:e3UJv41P0

最原 「キミは、僕達が嘘の記憶でできた、フィクションの存在だっていうんだね?」

白銀 「そうよ! あなた達はこのダンガンロンパでしか存在できない、フィクションなのよ!」

最原 「だったら、赤松さんと衣装交換をしたときのアレルギーってなに?」

白銀 「だから言ったよね? 私のコスプレは......っ!」

最原 「そう。キミは自ら証明しているんだよ」

最原 「赤松さんへの説明にも“二次元”だと限定しているワケではなく“受け付けるのはフィクションだけ”としか言っていないはずだよ」

最原 「つまり、君にとって僕達の存在はフィクションじゃないっていうことになるよね?」

白銀 「っ!」


3: ◆AZbDPlV/MM 2017/03/02(木) 16:34:10.72 ID:e3UJv41P0



最原 「さらにいえば、白銀さん」


最原 「キミは“白銀 つむぎ”という役を与えられたフィクションだよね?」


白銀 「は?」

5: ◆AZbDPlV/MM 2017/03/02(木) 16:35:11.39 ID:e3UJv41P0

最原 「その制服を着ていられるのが証拠だよ」

最原 「赤松さんを再現しようと、赤松さんの制服を着ただけでアレルギーがでるなら、学生でもないキミがその制服を着ていられるのはおかしいよね?」

最原 「もはやノンフィクションのコスプレであるはずなのに、アレルギーがでなということは“白銀 つむぎ”こそがフィクションの存在ってことになるよね」

白銀 「ちょっと待って! キミはなにを言ってるの?!」

白銀 「この企画の立案者、いわば首謀者たる私がフィクションだっていうの?」

白銀 「そんなこと言って現実から目を反らして私を煙に巻こうなんて、絶望的にツマラナイわ!!」

白銀 「ほら! 今までの自分を存在していなかったと否定された絶望を味わいなさいよ!!」


続きを読む