SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

勇者「魔法を使うやつが大っ嫌いなんだ」

転載元:



1: HAM ◆s.oWWpsiPk 2017/01/14(土) 21:01:23 ID:R1XkX4/w


勇者さんが左に剣を構え、力を溜める。

勇者さんお得意の回転斬りだ。

―――シュンッ!!

風を切る一瞬の音。

崩れ落ちる魔物。

私がこのパーティに加わってから何度も見てきた技だ。

この技を食らって、上半身と下半身がつながったままでいられた魔物は、一匹もいない。




























2: HAM ◆s.oWWpsiPk 2017/01/14(土) 21:07:51 ID:R1XkX4/w


戦士さんが大きな斧を上段に構える。

ミルキィアークスというそうだ。

可愛い名前に似合わず、恐ろしい外見をしているが。

―――グチャァアッ!!

怖気の走る音を立てて、魔物が叩き潰された。

何度も振るううちに切れ味は悪くなる一方だが、戦士さんの腕力によってより凶暴な武器となっている。

岩や鎧の魔物でさえ、戦士さんの腕力によってことごとく潰されてきた。

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/14(土) 21:14:16 ID:R1XkX4/w


武闘家さんが目を閉じて正拳の構えを固める。

鍛え抜かれた肉体は、細身ながらも恐ろしいオーラを放っている。

どんな者が見ても、一目で「達人だ」と結論を出すだろう。

達人の構えは一瞬で解かれ、目に見えない速度のこぶしが魔物に叩き込まれる。

―――ボシュッ!!

こぶしから放たれた衝撃波は魔物を貫き、大きな穴をあけた。

力の使い方によっては、穴をあけずに力を体内に残し、爆発四散させることもできるそうだ。

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/14(土) 21:19:03 ID:R1XkX4/w


盗賊さんが魔物の死体からモノになりそうな素材をナイフで切り離している。

珍味として重宝されているアンデッド系魔人の脳みそ。

ローブの材料や調合の品として使われる鳥人系の魔物の羽根。

爬虫類系の魔物からはうろこや爪、とがった歯など。

これらの品は高く売れたり、旅を楽に進めるための道具や武器防具に変わる。

さすがに目ざとく、どうやれば最も効率よく素材を得られるか、考えられている。

このパーティで、最も頭が切れるのは彼だろう。

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/14(土) 21:25:09 ID:R1XkX4/w


一方私は、といえば。

体が強くもなく。

強力な装備品に守られているわけでもなく。

一撃必殺の強力な技もなく。

できることは傷を癒す回復魔法。

それから敵の魔法を無効化する魔法バリア。

それから火の魔法に氷の魔法に雷の魔法……

魔法には自信がある。

でも……

続きを読む

関連のSS

28pt
勇者♀「なぁ戦士…お前ボクと二人旅でつらくならないのか?」
勇者「屁が止まらない僕と素直じゃない魔王」
7pt
オーク「快活クラブ行こうぜ!」女騎士「快感クラブだと!?」
18pt
オーク「快活クラブ行こうぜ!」女騎士「快感クラブだと!?」
31pt
勇者(29)「何!?合コンだと!!!!???」男魔法使い(31)「ああ」男戦士(21)
16pt
俺「えっ!?俺のチ○コだけ異世界転生!?」
13pt
(自称)魔王「魔界を発展させたい」
11pt
【安価】(自称)魔王「魔界を発展させたい」【コンマ】
24pt
魔王「もう無理だ。勇者に勝てるわけないよ……」
10pt
【安価】勇者「国王を倒すしかないぞ」魔王「そうだ!」
16pt
勇者「国王を倒すしかないぞ」魔王「そうだ!」
23pt
女騎士「クッ...殺せ」男「くっくっく、恥辱の限りを尽くしてやるぜ」
16pt
女騎士「スライムは恐ろしい魔物なんだぞ」
32pt
魔王「来たか勇者」勇者「お、おにいちゃん・・・?」
193pt
勇者「全身呪いの装備で固めてしまった」
28pt
僧侶「最上級の回復呪文……!?」
39pt
勇者「とうとう辿り着いたぞ!」魔王「なんだこの幼女は」
17pt
魔王「商人が一番怖い」
18pt
魔王「世界征服より会社経営の方が儲からないか?」側近「御もっともです」
16pt
姫「白き衣をまとい聖剣を振るい月を操る勇者様の伝説」