勇者「魔法を使うやつが大っ嫌いなんだ」

転載元:

1: HAM ◆s.oWWpsiPk 2017/01/14(土) 21:01:23 ID:R1XkX4/w

勇者さんが左に剣を構え、力を溜める。

勇者さんお得意の回転斬りだ。

―――シュンッ!!

風を切る一瞬の音。

崩れ落ちる魔物。

私がこのパーティに加わってから何度も見てきた技だ。

この技を食らって、上半身と下半身がつながったままでいられた魔物は、一匹もいない。































2: HAM ◆s.oWWpsiPk 2017/01/14(土) 21:07:51 ID:R1XkX4/w

戦士さんが大きな斧を上段に構える。

ミルキィアークスというそうだ。

可愛い名前に似合わず、恐ろしい外見をしているが。

―――グチャァアッ!!

怖気の走る音を立てて、魔物が叩き潰された。

何度も振るううちに切れ味は悪くなる一方だが、戦士さんの腕力によってより凶暴な武器となっている。

岩や鎧の魔物でさえ、戦士さんの腕力によってことごとく潰されてきた。


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/14(土) 21:14:16 ID:R1XkX4/w

武闘家さんが目を閉じて正拳の構えを固める。

鍛え抜かれた肉体は、細身ながらも恐ろしいオーラを放っている。

どんな者が見ても、一目で「達人だ」と結論を出すだろう。

達人の構えは一瞬で解かれ、目に見えない速度のこぶしが魔物に叩き込まれる。

―――ボシュッ!!

こぶしから放たれた衝撃波は魔物を貫き、大きな穴をあけた。

力の使い方によっては、穴をあけずに力を体内に残し、爆発四散させることもできるそうだ。


続きを読む