SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

瑞鶴「戦車道?」

1 : ◆yHRoXjoviS75 - 2016/04/03 08:35:30.42 9U/n2/aH0 1/10

瑞鶴が目を覚ますとそこは海の上だった。しばらくぼうっとしていたが、沈んだ際に切れたはずの艦とのリンクを感じ取ると意識は一気に覚醒し、瞬時に戦闘態勢に入った。

しかしよくよく辺りを見回してみるとただただ穏やかな海が広がるばかりであり、敵艦隊どころか敵航空隊の影すら見えない。ひとまず警戒を解くと彼女は妙なことに気がついた。

艦とのリンクがあの頃と比べて微弱だというのもあるが、なによりも艦が巨大すぎるのである。以前の「自分」の優に数十倍はあろう。

この妙な事態に首を傾げていた瑞鶴であったが、なにはともあれ情報収集だと遠くに見える町へ向かうことにした。

元スレ
瑞鶴「戦車道?」

2 : ◆yHRoXjoviS75 - 2016/04/03 08:41:20.53 9U/n2/aH0 2/10

小一時間ほど町を歩いてみるとおおよその現状は把握できた。今自分がいるところは学園艦というかつての「自分」をモデルにした巨大な船であるということ、船の上に町があるということ、船は学生によって管理、操舵されているということなど様々な話を耳にした。一般人には認知されない「艦娘」という存在は立ち聞きをするにはもってこいであった。

そしてなによりも瑞鶴が嬉しかったのは、今があの戦いから数十年経った世界であり、平和な世の中であるということだった。最期は迷彩塗装に身をつつみ、敵機動部隊を引きつけるための囮として散っていったが、こうして太平の世が訪れた世界を目にすると、自分たちの戦いは無駄ではなかったと思えた。

囮となった自分に縋りついてきた後輩たちへ-決して表には出さなかったが、ずっと憧れていた先輩がそうしていたように-

瑞鶴「大丈夫、鎧袖一触よ。」

と言って出撃したのが昨日のことのように思えた。

よし、と何かを決意したように瑞鶴は座っていたベンチから立ち上がった。

3 : ◆yHRoXjoviS75 - 2016/04/03 08:45:50.73 9U/n2/aH0 3/10

瑞鶴「この町いいなあ。ゆったりと時間が流れててすごい落ち着く…。翔鶴姉こんな雰囲気好きだろうなあ。…よし、決めた!私しばらくこの町にいる!すっごい素敵なとこだし、なによりこのまま別のとこ行ったら加賀さんに『あなたは自分の艦の面倒も見られないの?これだから五航戦は…』なんて小言言われそうだし!」

再び「艦娘」として現界した以上、この艦から離れられないということを瑞鶴はすっかり失念していたというのはここだけの話である。こうして大洗女子学園の学園艦に「艦娘」たる瑞鶴が居座ることになった。桜の蕾が膨らみ始めた3月も半ばのことであった。

 桜も散ってすっかり暖かくなった頃、いつものように町をふらついていた瑞鶴は見慣れない音を耳にした。

何事かと音のした方へ足を向けてみると、なんと学校のグラウンドで戦車が走り回っていた。

続きを読む

関連のSS

【艦これSS】摩耶「おっせぇなぁ…」
【艦これ】駆逐艦セクシー担当反省会!
8pt
【艦これ】木曾「腕試し?」【ss】
45pt
【艦これ】潮「曙ちゃんはすごいなぁ」
62pt
【艦これ】提督「風呂!」
89pt
【安価】提督「部屋?」阿武隈「違います!掲示板です!」
27pt
【艦これ】時雨「僕だけを見てほしい…」
20pt
【艦これ】夕立「ドーナツがないっぽい!」
19pt
【艦これ】天龍「お、ファミレス出来てるじゃねぇか」
30pt
朝潮ちゃんと北上さん
20pt
島風「料理作るよ!!!!」
59pt
【艦これ】提督「バレンタインか……」
46pt
【艦これ】明石(任務娘かぁ)大淀(工作艦、ですか)
87pt
【艦これ】艦娘とその娘たち
332pt
提督「彼女達の気持ちを?」 明石「確かめましょう!」
29pt
【艦これ】夕張「陽炎型の新しい装備を開発したわ!」
56pt
【艦これ】 川内「夜戦もいいけどチョコもいいよね」
67pt
電「深雪ちゃんはもう司令官さんのおち○ちんをしゃぶったのですか?」
72pt
提督「艦娘をキュート、クール、パッションにタイプ分けする」
11pt
【SS】吹雪の艦娘になる前 ~~夜戦編~~