末原「コレデイイノダコレデイイノダ」洋榎「ホンマにそれでいいんか?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/09(金) 14:04:51.07 :45uzxe1d0

全国大会会場にて

恒子『試合!終!了っ!全国大会2回戦がいま終わりましたァァァァ!!』

咲「お疲れ様です」ペッコリーン !

末原「ハァ......」

霞「ふぅ肩が重いわ......」

健夜『そりゃあんなおっきなおっぱい持ってるんだから肩もこるよ......』

恒子『小鍛冶プロも年がら年中肩こり状態じゃないですか!』

健夜『私のはただの加齢......ってなに言わせるのこーこちゃん?!』

恒子『俗に言う百球肩ってやつですか?!』

健夜『それを言うなら四十肩でしょもう......』

恒子『え!小鍛冶プロは五十肩では?』

健夜『......ハァどっと疲れが......』

姉帯「うううひぐひぐ......」ポロポロ

咲「また今度一緒に麻雀やろうね!」グッ!

姉帯「うんいいよ......」グジュグジュ

霞「そうね~」ウフフ

末原「そうですね......」

咲「それでは末原さんまた準決勝でよろしくお願いします」ペコーン

末原「それじゃまた......」トボトボ

霞「しゃらんら~♪」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/09(金) 14:10:08.93 :45uzxe1d0

姫松高校控室にて

末原「......」

洋榎「よっしゃ恭子!これで準決勝やで!」

由子「凄いのよー!ベスト8なのよー!」

絹恵「末原先輩かっこよかったです!」

漫「あまりハラハラさせんといてくださいよ......どうなることか心配でしたよ......」

洋榎「漫は黙っとき!」

末原「ハァ......」

由子「なにため息なんかついてるのよー」

洋榎「どうやらお疲れみたいやな恭子は」

絹恵「あの大丈夫ですか先輩......」

末原「いいえ......」

漫「もしかしてあの日......」

洋榎「シャーラップや漫!!」

末原「名門にあるまじき情けない麻雀をしてしまいました......本当にすいません......」


続きを読む