同じSSをまとめているブログ

SSなび

森きのこ!

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 21:28:41.34 ID:C5cLzk5y0

純一「うーん......どこだ、ここは?」

七咲「何寝ぼけてるんですか?今日家に泊まりたいって言ったのは先輩じゃないですか」

純一「あれ、そうだったっけか」

七咲「しっかりしてくださいよ?もうすぐ受験生なんですから」

純一(七咲の言う通り、僕はもうすぐ高校三年生...つまり受験生になる

そうなると会う時間も減っちゃうからって僕が提案したんだったな)

七咲「とりあえず起きてくださいね、先輩」

純一「あはは、何か目が覚めることをしてくれれば起きれるかなー...なんて」

七咲「......」ジトー

純一「い、いや、じょ、冗談だよ、冗談」

七咲「そうですか、ではスカートの中は見なくていいと」

純一「えっ、見せてくれるの!?」

七咲「先輩が冗談って言ったので私も冗談です」

純一「そ、そんなぁ......」シュン

七咲「ふふっ、自業自得です。それより先輩、そろそろご飯にしましょう」

純一「うん、そうしようか」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 21:41:51.50 ID:C5cLzk5y0

純一「ところで何を作るの?」

七咲「そうですねぇ......あっ...」

純一「どうしたの?」

七咲「えーっと...その、食材を......」

純一「食材?」

七咲「買うのを忘れてしまいました......すみません」シュン

(先輩の寝顔に夢中だったなんて言えないよね...)

純一「あはは、七咲にしては珍しいね。それじゃあどこか食べに行こうか」

七咲「はい、お代は私持ちですのでお好きなところを選んでください」

純一「ええっ!?そこまでしなくても大丈夫だよ」

七咲「え?しかし...」

純一「お店だけは遠慮なく選ばせてもらうことにするよ」ニコッ

七咲「...では、そういうことにしておきます」