SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

勇者「淫魔の国で過ごす日々」

転載元:




関連記事
魔王「世界の半分はやらぬが、淫魔の国をくれてやろう」 

堕女神「私を、『淫魔』にしてください」 

1: ◆1UOAiS.xYWtC 2015/12/20(日) 00:13:14.04 ID:OZ5mIP6Co



このスレは


の後日談です。
時間軸としては



の数日後で、季節は冬です。

短編ひとつめ:サキュバスAと
短編ふたつめ:サキュバスBと
短編みっつめ:サキュバスCと

の三つを予定しています。
それでは、始めます。

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 00:14:43.35 ID:CtirEZD20


待ってました















3: ◆1UOAiS.xYWtC 2015/12/20(日) 00:16:01.74 ID:OZ5mIP6Co



「――――は、今――――に浮かんでいる――――」

「吸ってー……吐いてー……ほら……体の力が、もっと抜ける……気持ちいいね……」

「お胸の空気、全部吐き出して……ゆっくりで大丈夫。ゆっくり……」

――――――――


「……3」

「……2」

「……1」

「……ゼ、ロ」

4: ◆1UOAiS.xYWtC 2015/12/20(日) 00:17:24.36 ID:OZ5mIP6Co


勇者「っ……うぁっ!?」

腰がグンと持ちあがるような強烈な浮遊感と、
下腹部から硬い熱が駆け抜けるような絶頂感とで眼が覚めた。
下着の中をぬめる温感が満たす不快な感触があり、

耳の奥が妙にこそばゆく、強烈な起き方をして心臓も早く打っているというのに、頭だけがぼうっとしていた。
状況の把握すらできないまま、起きて周囲を見回す。
室内を見渡し、その後にベッドの左側を見れば、サキュバスAが着衣のまま、にやにやと笑って添い寝をしていた。

サキュバスA「どうも、おはようございます、陛下?」

勇者「……お前、何かしたのか?」

サキュバスA「ええ。少々、夢精などをさせてみました」

勇者「何で!?」

サキュバスA「もはや愛撫も性技も不要、魔力すら不要。厳選された言葉と計算された韻律の囁き、
         唇の擦れ合う音だけで十分。これぞサキュバスの奥義、『催眠搾精』」

5: ◆1UOAiS.xYWtC 2015/12/20(日) 00:19:01.08 ID:OZ5mIP6Co



勇者「変な技を使うな」

サキュバスA「さすがに爆発はさせられませんが、暴発ならさせてもいいか……と」

勇者「いや、何が?」

サキュバスA「ちなみに私、夢精誘導コンテストで五度ほど優勝しております。前立腺部門では二度ほど。お試しに?」

勇者「……とりあえず下着の替えをくれ」

サキュバスA「ちなみにこの技の欠点はですね、口に全く入らないものですから本当にただの悪ふざけにしか使えず……」

勇者「下着をよこせっつってんだろ!」

サキュバスA「大胆ですのね、陛下。分かりました、お望みとあらば……少々お待ちを」

勇者「お前のじゃない、脱ぐな。もういい、自分で探す」

朝からの疲れるやり取りに見切りをつけ、下着からもはみ出すような、
堪え難いぬちゃぬちゃとした感触を覚えながら下着を探す。
意外にも、替えの下着はすぐ脇のエンドテーブルに置いてあった。
拭うための人肌ほどの湯も汲んであり、振り返ると、彼女がまたも薄く微笑んだ。
察するに、サキュバスAは……起きてすぐの悪ふざけに付き合わせるつもりで、何もかもきちんと仕込んでいたのだ。

勇者「……せめて朝ぐらいは静かに起こしてくれ。頼むよ」

サキュバスA「検討しましょう」

続きを読む

関連のSS

92pt
男「しっぽエルフに復讐をしようと思った」
37pt
勇者「魔王を倒しに行くよ!」母「行かせるかァッ!!!」
6pt
りゅうおう「もう一度元の世界に戻れるチケットだとぉお!!!」
29pt
勇者「逃げるは恥だが役に立つ」
51pt
勇者「ドジ、アホ、ポンコツ、チョロい」女騎士「ぜ、全部違うっ!」
10pt
女騎士「忍者とあそぼう!」
18pt
魔王「フハハ……裂けよ大地! 轟け雷鳴! 燃え盛れ火炎!」勇者「強すぎる……!」
21pt
魔法使い「隕石を落とす魔法を極めた」
15pt
魔王「……減ってるな」
41pt
勇者「食らえっ!ピチピチッ」魔王「ほう、雑魚がアジの真似を…」
28pt
王「ええい、我が軍は一体何をしておるのだ!」
54pt
勇者「姫の首の後ろを手刀でトンッとやったら動かなくなった」
36pt
勇者「ヒヒヒ、助けてやったんだから >>2 しろや」 村娘「ヒェッ…」
10pt
女騎士「クッ!私をどうするつもりだ!」 オーク「ククク……」
6pt
ラスボス「我が城で敵を殲滅する」
35pt
氷魔女「氷魔法使いは常に冷静でなければならぬ」
25pt
勇者「(も、漏れそうで別れに集中できない……)」
13pt
「ビキニアーマーはクソ」「はたしてそうかな?」
39pt
勇者「魔法を使うやつが大っ嫌いなんだ」
姫騎士オーク「くっ、殺せブヒィイイイィィイ!!」