勇者「淫魔の国で過ごす日々」


転載元:


関連記事
魔王「世界の半分はやらぬが、淫魔の国をくれてやろう」

堕女神「私を、『淫魔』にしてください」





1: ◆1UOAiS.xYWtC 2015/12/20(日) 00:13:14.04 ID:OZ5mIP6Co


このスレは


の後日談です。
時間軸としては


の数日後で、季節は冬です。

短編ひとつめ:サキュバスAと
短編ふたつめ:サキュバスBと
短編みっつめ:サキュバスCと

の三つを予定しています。
それでは、始めます。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 00:14:43.35 ID:CtirEZD20

待ってました
















3: ◆1UOAiS.xYWtC 2015/12/20(日) 00:16:01.74 ID:OZ5mIP6Co


「――――は、今――――に浮かんでいる――――」

「吸ってー......吐いてー......ほら......体の力が、もっと抜ける......気持ちいいね......」

「お胸の空気、全部吐き出して......ゆっくりで大丈夫。ゆっくり......」

――――――――


「......3」

「......2」

「......1」

「......ゼ、ロ」


4: ◆1UOAiS.xYWtC 2015/12/20(日) 00:17:24.36 ID:OZ5mIP6Co

勇者「っ......うぁっ!?」

腰がグンと持ちあがるような強烈な浮遊感と、
下腹部から硬い熱が駆け抜けるような絶頂感とで眼が覚めた。
下着の中をぬめる温感が満たす不快な感触があり、

耳の奥が妙にこそばゆく、強烈な起き方をして心臓も早く打っているというのに、頭だけがぼうっとしていた。
状況の把握すらできないまま、起きて周囲を見回す。
室内を見渡し、その後にベッドの左側を見れば、サキュバスAが着衣のまま、にやにやと笑って添い寝をしていた。

サキュバスA「どうも、おはようございます、陛下?」

勇者「......お前、何かしたのか?」

サキュバスA「ええ。少々、夢精などをさせてみました」

勇者「何で!?」

サキュバスA「もはや愛撫も性技も不要、魔力すら不要。厳選された言葉と計算された韻律の囁き、
唇の擦れ合う音だけで十分。これぞサキュバスの奥義、『催眠搾精』」


続きを読む