1 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:06:05.06 nQBvhiJ00 1/15

クー子「・・・あれ、わたしなんでベッドに」

真尋「・・・すう・・・すう」

クー子「・・・少年? そうだ、急に頭がぼうっとして」

真尋「・・・・・・」

クー子「少年、徹夜で看病、してくれたの?」

真尋「・・・むにゃ」

クー子「・・・えへへ。ちょっと嬉しい」ツンツン

真尋「・・・ん、あ?」

クー子「あ、起こしちゃった」

真尋「クー子、大丈夫か?」

クー子「まだ少しだるいけど、平気」

元スレ
クー子「風邪ひいた私を少年は優しく看病するべき」

4 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:14:48.29 nQBvhiJ00 2/15

クー子「・・・おかゆまで作ってくれてたんだ」

真尋「い、言っておくが、今回は特別だからな。病人だから仕方なく――」

クー子「少年、ありがとう」

真尋「・・・べ、別に感謝されるようなことじゃない」

クー子「ふふ、照れてる少年、可愛い」

真尋「うっさいな! ・・・じゃあ、僕は部屋に戻るから、ちゃんと食べろよ」

クー子「・・・わかった、ふーふーしてくれたら」

真尋「・・・へ」

クー子「クー子は猫舌、だから冷まして食べさせてあげるべき」マジ

5 : 以下、名... - 2014/01/02(木) 23:19:04.90 nQBvhiJ00 3/15

真尋「いや、だったら、そこに置いておけば自然に冷めるんじゃ」

クー子「少年はわかってない」フルフル

真尋「な、なにをだよ」

クー子「女の子の気持ち。わたしの気持ち」

真尋「わ、わけわかんねーよ。と、とにかく、僕はそんなこと」

クー子「・・・せっかく少年が作ってくれた食事だから、美味しく召し上がりたい」

真尋「う・・・」

クー子「・・・くすん」

真尋「わ、わかったよ。それくらいなら・・・」

クー子「・・・ホント?」