同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

あやめ速報-SSまとめ-

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/17(火) 18:54:00.39 ID:opkaBdCO0

まほ「来ないな......」

早朝。学園艦黒森峰女学園の戦車道練習用グラウンドで。

私こと西住まほ以下、戦車道履修者たちは一向に現れる気配のない逸見エリカを待ち続けていた。

日課の朝練である。

いつもならエリカは誰よりも早くやってきて睨みを利かせているのだが、今日に限っては定刻を過ぎても姿を現していなかった。

まほ「仕方ない、呼びに行ってくる。エリカが寝坊するとは思えん。連絡も出来んほど体調を崩してるのかもしれない」

赤星「それなら私が......」

まほ「いや、あいつも弱った姿をあまり見られたくはないだろう。お前たちは先にいつものメニューを始めていてくれ」

告げて、私は練習場を後にし寮へ向かう。

ああは言ったが、エリカも人間だ。寝坊することもあるだろう。

あいつは私の中で次期隊長に内定している。

これから指揮する相手に弱みを見せたがる性格でもないし、ここは私が一肌脱いでやるとしよう。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/17(火) 18:54:16.64 ID:opkaBdCO0

まほ「さて、部屋についたわけだが......エリカ。起きてるか?」

扉をノックする。返事はない。

まほ「本格的に寝坊か......? ふふっ、隊長である私の声にも反応しないほどぐっすりとは、可愛いところもあるんだな」

私は腰のホルスターから、代々黒森峰の隊長に伝わっている懲罰用拳銃を引き抜いた。

まほ「仕方ない。エリカ、入るぞ」

鍵はかからないようになっている。私は銃を持っている方とは逆の手で躊躇なくノブを捻り、部屋の中に踏み込んだ。

これまでにも何度か入る機会はあったが、相変わらずエリカの部屋は酷く小ざっぱりとしている。

机とその上の教科書文房具類。小さな本棚。金属の目覚まし時計。ベッド。ベッドにのっそりと横たわる巨大なナイルワニ。

......ワニ?

ワニ「......」

まほ「......」

爬虫類特有の、あの縦に裂いたような細い瞳孔がゆっくりと動き、私の視線と衝突した。

まほ「邪魔したな」

即座に扉を閉めて廊下に戻る。西住流で鍛えられた判断力の賜物である。