ラフ・いろはす【俺ガイル】


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 19:36:12.52 ID:Au1ELDWL0

『この夏新発売!○○の○○味!』


八幡(夏の夜。テレビからアイスのCMが流れる。それを小町が食い入るように見ていた)

小町「・・・」

八幡「・・・」

小町「えっ、買ってきてくれるの?」

八幡「何も言うとらんがな」

八幡(しかし、可愛い妹にねだられたら、絶対に断れないのが千葉のお兄ちゃんというもの。俺は俺の重い腰を上げた)スック


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 19:36:34.81 ID:Au1ELDWL0

小町「わーい!お兄ちゃん大好き!」

八幡「だから何も言ってねぇだろが」

小町「でも、立ったって事は、そういうことでしょ?」

八幡「だからって買いに行ってやるとは限らんだろ」

小町「じゃあ違うの?」

八幡「違わないけどよ・・・」

小町「わーい!」

八幡(財布と自転車の鍵を取りに行く俺だった)



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 19:37:02.52 ID:Au1ELDWL0

八幡(二十分ほどかけて、目的地に辿り着いた。あのアイスはフ〇ミマ限定らしく、一番近いフ〇ミマはここなのだ)

八幡「思ったより遠いおつかいになっちまったな・・・」

八幡(店内に入ってお目当てのアイスを見つけ、掴もうとすると、隣の人と手がぶつかった)ベシッ

いろは「あ、すいませ・・・」

八幡「・・・一色」

いろは「あれ、先輩じゃないですか」

八幡「・・・何故ここにお前が」

いろは「最寄りのコンビニがここで・・・って何言わせるんですか。私の家を特定してどうするつもりですか」

八幡「知らんがな」

いろは「っていうか、先輩の家ってあっちじゃなかったです?どうしたんですかこんなところまで。私に会いに来たんですか?」

八幡「違えよ。一番近いフ〇ミマがここだったっつーだけの話だ」

いろは「あっ、もしかして今CMでやってるこれ目当てですか?私もです」

八幡「妹におつかいを頼まれてな」

いろは「いいなぁ、私も先輩みたいな(都合のいい)お兄ちゃんが欲しかったですよ」

八幡「その妙な間はなんだ」

いろは「えへへ」



続きを読む