希「エリーチカの寂しい気分」

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/11(火) 16:12:11.09 :05g7d32nO

学校の廊下


希「・・・」スタスタ

希「・・・暑い」

希(もうすぐ八月やん)

希(早い人ならもう進学の決まっていく季節)

希(うちは・・・)ピラッ

希(職員室からもらってきた進路希望用紙)

希(どうしよう。なんにも思いつかないんやけど・・・)


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/11(火) 16:13:28.21 :05g7d32nO

希(えりちは進学するみたいやし、うちもえりちと一緒に・・・)


絵里『私は大学で勉強したいことがあるのよ』


希(・・・えりちまぶしすぎやん)

希(えりちと一緒にいたいなんて理由で、進学に決めるのはダメやんね・・・)

希「・・・」ハァ


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/11(火) 16:17:12.49 :05g7d32nO

希「えりち・・・」


絵里『呆れた。まだ進路決めてないの? もう冬よ?』ハァ

希『うん・・・』

絵里『でも、決まらないのだから仕方ないわよね。急いで決めるのもよくないしね』


絵里『希は将来なにをしたいの?』

希『それがないんよね・・・でも、なんでもいいってわけでもないし。もうワケわからないな・・・』

絵里『落ち着いて、自分に合った将来を考えるべきよ。やっぱり人生は楽しくてやる気に満ちたものにしたいじゃない』


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/11(火) 16:20:51.40 :05g7d32nO

希『うん・・・』

絵里『もうこの際、ゆっくり考えたらいいのよ。だって、終わりよければすべてよし、でしょ?』ニコッ

希『そうやね』

絵里『私は希の良さをいっぱい知ってるんだから、きっといい未来があるはずよ。この私が保証するわ!』

希『ありがとう』

絵里『不安にならなくてもいいのよ。どんなときでも、希がどんな未来に決めようが、この私がずっと希の隣にいるんだから、困ったら頼ればいいのよ!』


続きを読む