兄「バブみを感じてオギャりたい」妹「は?」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/28(日) 23:48:38.55 ID:hBWhCJ4QO

妹「アンタ......何言ってんの?」

兄「何かさあ、最近流行ってんじゃん?」

妹「いや、初めて聞いたし」

兄「俺も癒されたい! 『ママー!』って甘えたい!」

妹「うわぁ......(ドン引き)」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/28(日) 23:52:06.26 ID:hBWhCJ4QO

妹「ママーって......だったらお母さんに甘えれば?」

妹「ほら、電話かけなよ。きっと甘えさせてくれるよ」

兄「分かってない......お前はホントに分かってないよ!」

妹「はあ? 分かってないって......そもそも意味不明だってば!」

兄「あのなあ......本物の母親に25歳が甘えられると思ってんのか?」

妹「じゃあ......誰ならいいのよ?」

兄「良い事を聞いてくれた!」

兄「まず、艦こ......」

妹「あーあー聞こえなーい」

兄「な......聞いてきたのはお前だろうが!」

妹「そういうのは二次元でやれっての。わざわざ私に報告する意味あった?」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/28(日) 23:52:45.32 ID:hBWhCJ4QO

兄「それは......だな......」

妹「ん? どーなの?」

妹「わ・た・し・に! なにかして欲しかったんじゃないの?」

兄「ええっと......」

兄「その......」

妹「なんなのよ! 社会人のくせに、なさけないわね!」

兄「そういうお前は、大学生のクセに大人ぶってんじゃねえ!」

妹「なっ......子供だって言いたいわけ!?」

兄「じゅーぶん子供だろうが! ガキん頃からなんも変わってねえよ!」

兄「もう二十歳になるってのにホラー番組怖がるし!」

妹「それは! 怖いんだから仕方ないでしょ!?」

兄「高い所とか暗い所とか怖がるし!」

妹「それは......仕方ないじゃん」

兄「いい年して雷怖がるし!」

妹「それ......は......だって、怖いんだもん......」

兄「いつまでたっても方向音痴は治らないし!」

妹「うぅ......」



続きを読む