コナン「光彦が中二病になった!?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/23(月) 20:29:32.54 ID:QarVFdNd0

阿笠「そうらしい、まるで昔の新一みたいじゃな!」

コナン「その話はやめろぉ!!」

阿笠「す、すまん...」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/23(月) 20:30:46.40 ID:QarVFdNd0

光彦「・・・・・」

光彦は黒のマントを羽織り、噴水の前に立ち、右腕を押さえていた。

歩美「光彦くん!そんなことで何してるの?」

光彦「闇の力を...手に入れる儀式だ」

歩美「闇の力?」

光彦「かつて悪魔がこの地上に隠した...と神話に伝えられている力さ」

歩美「そ、そうなんだ!頑張ってね!」

光彦「この話を理解できる奴は少ない...哀れな事だ」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/23(月) 20:31:26.30 ID:QarVFdNd0

~~木影~~

コナン「・・・まるで昔の俺を見てる気分だぜ」

阿笠「昔の新一も酷かったからな...確か中二病が治ったのが...」

コナン「高校に入学してからだ。本当にあの時の事は思い出したくないぜ...」

~~回想~~

新一『貴様が1人の女性の命を奪った事は分かっている...法の裁きを受けろ!』

犯人『貴様は一体何者なんだ!』

新一『貴様の様な奴らを狩る存在、人は俺を...闇の執行者と呼ぶ!』


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/23(月) 20:32:23.27 ID:QarVFdNd0

阿笠「闇の執行者www」

コナン「やめろよ!...俺だって忘れたいんだから!」

阿笠「す、すまん...光彦くんはどうするんじゃ?」

コナン「このボタンを使うよ」

阿笠「それは確か...」

コナン「中二病を治すボタンだよ。光彦はいつもの光彦でいいんだ」ポチッ

光彦「...ん?なんで僕はマントなんか羽織っているんでしょう...それにこの手の包帯は...」

光彦「とにかく家に帰りましょう!こんな恥ずかしい格好じゃ嫌です!」


続きを読む