「惑星ベジータ出身!サイヤ人の王子ベジータだ!」ハルヒ「」【ベジータ編】

元スレ
「惑星ベジータ出身!サイヤ人の王子ベジータだ!」ハルヒ「」

ベジータ「ハルヒ達と孤島に夏合宿することになった」

61 : VIPに... - 2014/08/02 00:33:05.12 LcaJ0aHm0 2/307

きっかけは些細な事だった。

「ちょっと、ベジータ!近所の人に挨拶くらいしてよね!」

トレーニングを終えて一息入れているオレにブルマが怒鳴ってきた。

「どうした?」

オレは高たんぱく飲料を飲みながらブルマに聞いた。

「どうしたもこうしたもないわよ!」

ブルマは何故か怒っており、まくし立てる。

「働かないし、近所の人にも挨拶はしないし常識がなさすぎるのよ!」

「.........」

「高校生の子供を持つ親でしょ!少しは社会常識を身につけてよ!」

「だが......」

「だがもヘチマもないの!少しはトランクスのことも考えてあげてよ!」

「トランクスのこと?」

「外で父親の話にすごく気まずくなってるのよ!いっそのこと片親の方がいいくらいにね!」

「.........トランクスに迷惑をかけてたのか」

「そうよ!だから少しはまともに生活してくれないと家族として迷惑なの!」

「そうか......気を付けよう」

「そ、そう?解ってくれればいいのよ」

「ところで、社会常識とやらはどこでトレーニングすればいいんだ?」

62 : VIPに... - 2014/08/02 00:34:19.13 LcaJ0aHm0 3/307

ブルマの出した結論は、オレを学校で集団生活をさせるということであった。

ブルマが選んだ学校はホイポイカプセルすら出回ってない田舎の学校だった。

「流石にベジータが学校に通ってることはあんまり知られたくないものね」

俺も知られたくはない。その結果、他の地域と交流がほとんどない田舎になったのだ。

続きを読む