SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

「惑星ベジータ出身!サイヤ人の王子ベジータだ!」ハルヒ「」【ベジータ編】

61 : VIPに... - 2014/08/02 00:33:05.12 LcaJ0aHm0 2/307

きっかけは些細な事だった。

「ちょっと、ベジータ!近所の人に挨拶くらいしてよね!」

トレーニングを終えて一息入れているオレにブルマが怒鳴ってきた。

「どうした?」

オレは高たんぱく飲料を飲みながらブルマに聞いた。

「どうしたもこうしたもないわよ!」

ブルマは何故か怒っており、まくし立てる。

「働かないし、近所の人にも挨拶はしないし常識がなさすぎるのよ!」

「………」

「高校生の子供を持つ親でしょ!少しは社会常識を身につけてよ!」

「だが……」

「だがもヘチマもないの!少しはトランクスのことも考えてあげてよ!」

「トランクスのこと?」

「外で父親の話にすごく気まずくなってるのよ!いっそのこと片親の方がいいくらいにね!」

「………トランクスに迷惑をかけてたのか」

「そうよ!だから少しはまともに生活してくれないと家族として迷惑なの!」

「そうか……気を付けよう」

「そ、そう?解ってくれればいいのよ」

「ところで、社会常識とやらはどこでトレーニングすればいいんだ?」

62 : VIPに... - 2014/08/02 00:34:19.13 LcaJ0aHm0 3/307

ブルマの出した結論は、オレを学校で集団生活をさせるということであった。

ブルマが選んだ学校はホイポイカプセルすら出回ってない田舎の学校だった。

「流石にベジータが学校に通ってることはあんまり知られたくないものね」

俺も知られたくはない。その結果、他の地域と交流がほとんどない田舎になったのだ。

63 : VIPに... - 2014/08/02 00:35:27.94 LcaJ0aHm0 4/307

学校に通うのにあたって、ブルマとした約束は三つだ。

一つ、むやみに飛んだりスーパーサイヤ人になったりしない。
変に目立つと常識を勉強できなくなるからだそうだ。
周りの奴らが飛べばいいんだ!クソッたれ!

二つ、毎日電話でその日一日の出来事を報告すること。
オレが普通だと思っていても非常識な事をしてるかもしれないからその確認らしい。
オレの上司にでもなったつもりか!クソッたれ!

三つ、オレがサイヤ人であることなどは極力伏せること。
宇宙人は非常識らしく、それを自称するだけで白い目で見られるらしい。
サイヤ人の誇りを奪うつもりなのか?クソッたれ!

飛べないし、フライヤーもないから、基本的にはこっちで生活することとなる。

住居やトレーニング施設はブルマが用意していた。

ブラが可愛い盛りなのに辛いぜ!クソッたれ!

そんなことを考えながら、俺が通うこととなった学校に至る坂道を登った。

続きを読む

関連のSS

8pt
ベジータ「お、俺様がテレフォンショッキングにでるだと!?」
8pt
【続編】ベジータ「お、俺様がテレフォンショッキングにでるだと!?」
9pt
悟空「オラ、テレフォンショッキングにでっぞ!」
7pt
【ドラゴンボール】悟空「オラ、テレフォンショッキングにでっぞ!」
14pt
ベジータ「風呂が壊れただと!?」トランクス「だったら銭湯に行こうよ!」
8pt
ベジータ「か、カカロットのやつ……何をするつもりだ……!」悟空「はぁぁぁぁぁぁ!!!」
12pt
悟空「はああああああああ……! ダメだ、もっと力を振り絞らねえと!」
17pt
悟空「クリリンの頭ってドラゴンボールの代わりになるんじゃねえか!?」
6pt
ベジータ「テストまであと一週間だと・・・・・・・・・!?」悟空「もう勉強も仕上げだぞ」
11pt
悟空「おいベジータぁ。おめぇ、目が真っ赤だぞ」ベジータ「なっ……!」
17pt
フリーザ「ここがナメック星ですか、さて、ドラゴンボールを探しに行きますよ」
13pt
ベジータ「くそ……カサブタが気になって集中できん」悟空「剥がしちまえよ」
6pt
バーダック「伝説の超サイヤ人だと?」
9pt
タンバリン「よっしゃ地獄から抜け出してきたぜ!今度こそ悟空達をたおしたろ!www」
6pt
【ドラゴンボール】タンバリン「よっしゃ地獄から抜け出してきたぜ!今度こそ悟空達をたおしたろ!www」
19pt
悟空「よう、マサラタウンのサトシ」
16pt
悟空「クリリンのことかーっ!!!」
13pt
ミスターサタン「強さはこのままで12歳まで若返らせてくれ!」神龍「わかった」
13pt
悟空「ブウ!チチのやつをオナホにしてくれッ!!」 ブウ「わかった」
19pt
「惑星ベジータ出身!サイヤ人の王子ベジータだ!」ハルヒ「」【ベジータ編】