光彦「彼を地獄に流してください!」 閻魔あい「・・・・・」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/06(土) 23:24:14.39 ID:JYijvTfu0

~午前0時 光彦の家~

光彦「そろそろ時間ですね...」ポチ

光彦「これが地獄通信...」

光彦「ここに名前を書き込んで送信すれば、その人は地獄へ...」

光彦「偶然聞いた噂ですが、もうここまで来たら後には引けません!」

光彦「江戸川コナン...と」ポチ


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/06(土) 23:25:55.51 ID:JYijvTfu0

シーン...

光彦「何もおきませんね...」

光彦「やっぱりただの噂...」

??「呼んだ?」

光彦「わっ!」ビクッ

光彦(いきなり目の前に黒髪の女の子が...)


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/06(土) 23:28:38.83 ID:JYijvTfu0

??「私は閻魔あい...」

光彦「そうですか、あなたが地獄少女...」

光彦「って、いつの間に僕は夕焼けの木の下に...」

輪入道「お嬢、そいつが依頼人かい?」

一目連「まだガキじゃねぇか」

骨女「その年で恨みを募らせるなんて、一体何があったんだい?」


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/06(土) 23:31:04.79 ID:JYijvTfu0

光彦「何ですかあなた達は...」

骨女「まぁお嬢...地獄少女の下僕っていった所かねぇ」

光彦「はぁ...」

一目連「それで、何があったんだよ?」

光彦「...僕は、もう耐えられないんです!」


6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/07(日) 00:29:21.50 ID:fCauQ9TU0

光彦「毎日毎日コナン君にスイッチで虐げられる日々...」

輪入道(何だスイッチって...)

光彦「ちょっと前までは友達だったはずなのに...」

光彦「いつの間にか僕は仲間内で最下層に追いやられてしまった...」

一目連「ちょっと見てみたが、ありゃあ酷いもんだな」

光彦「コナン君も以前までは犯罪を憎む正義の味方だったはずなのに今やスイッチの魔物と化してしまった...」

光彦「だから僕が止めるんです!」

骨女「成程ね...どうするお嬢?」


続きを読む