マミ「ごはん出来たわよ。いっぱい召し上がれ♪」


1: ◆LeM7Ja3gH2ba:2015/12/31(木) 17:01:04.82 :IcHfvKTx0

まどか「わかりましたっ!」


パクゥ!


マミ「ああぁんっ!///」

まどか「最高に美味しいです!
マミさんのおっぱいっ!」

マミ「待ちなさい待ちなさい! 待ちなさいっ!!」

まどか「?」

マミ「そんな、『なんでマミさん声荒げてるの???』みたいな顔しないっ!」


2: ◆LeM7Ja3gH2ba:2015/12/31(木) 17:01:50.26 :IcHfvKTx0

まどか「だってぇ......マミさんが『召し上がれ』なんて言うから......」

マミ「あっ! そんな顔しないで鹿目さん!
ごめんね、そんなつもりじゃなかったのだけど......」

まどか「じゃあいただきますっ!」

マミ「ああぁんっ!///」


4: ◆LeM7Ja3gH2ba:2015/12/31(木) 17:02:23.40 :IcHfvKTx0

マミ「だ、だからダメなのぉっ!」

まどか「そんなぁ......」グスッ

マミ「あっ! 泣かないで鹿目さんっ!」

まどか「だってぇ......」

マミ「折角の大晦日だっていうのに、困ったわね......」


ガチャッ。


杏子「腹減ったー!」

まどか「あっ、杏子ちゃんっ!」

マミ「あら、こんにちは」


5: ◆LeM7Ja3gH2ba:2015/12/31(木) 17:03:23.33 :IcHfvKTx0

杏子「マミ、ごはん食べさせてくれねーか?」

マミ「もう、ぶしつけねぇ」

マミ「仕方がないわ。良いわよ」

杏子「さっすがマミ!」


パクゥ!


マミ「ああぁんっ!///」


続きを読む