1: ◆320fzHe6DI:2017/08/17(木) 21:52:25.52 ID:JvI1n7kc0

マミさんとほむらが不毛な会話をするだけのSSです。


――――――

マミ宅


マミ「何か面白いことはないかしら・・・」

ほむら「あなたが誘ったんだからあなたが考えなさいよ・・・」

マミ「そんなこと言われてもなぁ・・・昨日雑貨屋さんで買ったそれ見せたかっただけだし・・・」

ほむら「私の立場にもなってちょうだい。巴さんが切羽詰った感じですぐに家に来て欲しいなんて言われてきてみたらそんなもの見せたかっただけだなんて・・・」

マミ「えぇー・・・結構良い買い物したと思うんだけどなぁ・・・良くない?このコーンスタンド?って言うのかしら?アイスクリーム立てるやつ。私すごい気に入ってるんだけどな・・・」

ほむら「・・・・」ホムン

マミ「ほら見て。上の大きいほうの輪っかにソウルジェム逆さまに刺して・・・下の輪っかにはグリーフシード差し込んで・・・。ほら!これで家にいる間はソウルジェムが濁っても自動的に浄化してくれるわ♪」マミマミ

ほむら「それもう4回くらい聞いたわ・・・」



参考画像




2: ◆320fzHe6DI:2017/08/17(木) 21:53:50.37 ID:JvI1n7kc0

マミ「家の中だったら100m離れる事もないしリビングに置いておけば安心して生活できるのよ。」

ほむら「だからそれも聞いたわ・・・だったら普通に卵の空きパックか何かにに隣り合わせで置いておけば良いじゃない・・・」

マミ「ダメよ暁美さん!それじゃ魔法少女じゃない友達が家に来たときお洒落じゃないじゃない!」

ほむら「コーンスタンドに刺しとくのもお洒落とはいえないと思うんだけど・・・」

マミ「それにね。こうしてリビングに置いておけばお皿洗ってたりお風呂入ってる時に間違って排水溝に流しちゃうこともないでしょ?」

ほむら「そんな間の抜けた失敗することあるのかしら・・・?」

マミ「油断しちゃダメよ暁美さん!私もう3回くらいやってその度に業者さん呼んでるんだから!」

ほむら「もう半年・・・いえ、繰り返してた期間含めたら実質[ピーーーッ]年魔法少女やってるけどそんなことなったこともないし、危なかったって肝を冷やしたこともないわ・・・」ファサ

マミ「そういうのが一番危ないのよ。人事だと思って聞いてるとそのうち自分に降りかかるんだから。」