1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 18:23:52.12 ID:1HIN/Jcz0

マミホーム ほむらとマミでお茶会中

ほむら「魔法少女って便利よね」

マミ「いきなり何? 暁美さん」

ほむら「ソウルジェムさえ無事なら基本的に不死身だし、無敵だし。
魂をソウルジェムにしてくれたQBには感謝しないと。銃弾をプレゼント」

マミ「えっ? 今、なんて? 」

ほむら「それに、魔女化さえしないように気をつけてグリーフシードをたくさん貯めておけば魔法だって使い放題」

マミ「無視しないでよ……。それになんかすごく重要なことを今聞いた気がするし……」

ほむら「本当、魔法少女って便利よね……。そう思わない? 巴さん」

マミ「えっ? えっ、ええ、そうね」

ほむら「この前も、こんなことがあって……」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 18:37:10.69 ID:1HIN/Jcz0

ー回想ー
ほむら(今日はワルプルギスの夜によって壊されて休校になっていた見滝原中学校の最初の登校日)

ほむら(次の授業は体育ね。マラソンだわ)

ほむら(ワルプルギスの夜を全員生存状態で乗り越えた私は、もう繰り返す必要は無くなった。)

ほむら(私の望んでいた未来は叶えられた。まどかとの約束は守れた。……でも)

ほむら(私が繰り返さないことで一つ問題が起きた)

ほむら(私は一ヶ月間だけの勉強と走り高跳びぐらいしかできないのよ)

ほむら(もともと私人生の半分くらい病院で過ごしてきたし、知識も体力も繰り返した一ヶ月間分プラスアルファ位しかないのよ)

ほむら(でも、折角これまで築いてきたクールで優等生で文武両道なキャラは崩したくないわ)

ほむら(どうすればいいのかしら……)

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 19:41:55.51 ID:1HIN/Jcz0