同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/17(火) 19:39:42.63 ID:YJdlp23n0

ほむら「………」

いつもの病院、いつもの病室、いつものベッドの上で、わたしは目を開けた。

ほむら(………また……)

また、ダメだった。まどかがワルプルギスの夜を目の前にして、キュゥべえと契約。
ワルプルギスの夜を一撃の元下し、その後すぐに魔女化。
そう、これも『いつも通り』と言えば『いつも通り』だ。

ほむら(……どうして、わかってくれないの……?まどか……)




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/17(火) 19:54:27.19 ID:YJdlp23n0

ほむら(これで一体わたしは何回繰り返したの……?)

もう、回数なんて覚えていない。
ただ、あの時のまどかとの約束。それだけを道しるべにして、わたしは戦い続けた。
でも、わかってくれない。

ほむら(……わたしだって……あなたと同じ、中学二年生なのよ……?)

ああ、ダメだ。こんなことを考えていたら、ソウルジェムは濁る一方だ。
ポケットにしまってあるソウルジェムを取りだす。

ほむら(………)

わたしの心に広がる絶望に、敏感に反応している。

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/17(火) 20:02:17.91 ID:YJdlp23n0

ほむら(確か、盾の中に以前のループで手に入れたグリーフシードが……)

盾の中に収納してあるグリーフシードを取りだし、自身のソウルジェムを浄化する。

ほむら(……こんなことをして、一体なんの意味があるのかしら……)

まだ、わたしはまどかの為に戦うことが出来るのだろうか。
これだけの嫌な思いをさせられて、それでもわたしは戦えるのか?
自問自答を繰り返す。

ほむら(………)

ひとしきり自問自答を繰り返したところで、手の中のソウルジェムをもう一度確認する。
……まただ。これじゃ、いくらグリーフシードがあったって足りやしない。

ほむら(いい……考えないようにしよう)

思考を停止し、ベッドから起き上がる。そして『いつもの様に』眼鏡を外し、魔力で視力を回復。
みつあみを解き、わたしの決意の姿へと着替える。

ほむら(………いいわ。もういい……)

わたしは少しばかり、頑張りすぎたのかもしれない。

ほむら(このループを……わたしとまどかの、最後のループにしましょう)

あるいは、『最期』か。それは、この時間軸でのわたしの頑張り次第だ。