【ミリマス】砂花蝶


1: ◆Xz5sQ/W/66:2017/10/09(月) 06:04:55.42 :zECgd23d0

===
お仕事先で泊まったホテル。

私の部屋にやって来た彼は、
こちらと顔を合わせるなり上機嫌の笑顔で言いました。

「老人会主催、ふれあい将棋大会司会お疲れさん!」

「うふふ~。お疲れさまですプロデューサーさん。今日のお仕事は、とっても楽しかったですよ~」

「だろうな。終始笑いも絶えなかったし、美也の人気も凄いのなんの」

「そんな、照れてしまいます~」

「いやいやホント、老人会のマドンナだよ。あの頑固ジジイ共の集まりが、美也の前じゃ子供みたいに素直だもん」

そうして、プロデューサーさんは椅子に座っていた私のことを良い子良い子。

この歳で頭を撫でられるのはちょっと恥ずかしいですけど。
彼の手つきは優しくて、心の底から褒めてもらってるのが分かるから......心がポカポカしちゃうんです。

流石は出色の撫でニスト。茜ちゃんが虜になるのもわかります。


2: ◆Xz5sQ/W/66:2017/10/09(月) 06:07:05.56 :zECgd23d0

「ふぅ......」

あまりの撫でられ心地の良さに、思わずため息もでちゃいます。
すると彼は改めて確認するように。

「よしよしよし。......にしても、美也の髪はふわふわだなぁ」

「そうですか~? どのくらいふわふわなんでしょう~?」

「どのくらいかぁ......。取り込みたての洗濯物、いや、日光浴をしてる猫」

「なんと、それほどですか~」

「なんとそれほどなのだ。整髪料のCMとか、取って来たりできるかもな」

おしまいだよと言う代わりに、私の頭をポンと一押し。
離れて行ってしまうその手が、名残惜しくなるほど安らぎに包まれた数十秒。

「むー......プロデューサーさん?」

そんな気持ちになったから。
つい、私は物欲しそうな顔で彼を見上げてしまったのです。

......まだ、足りない。褒められ足りない、甘えたい。

自分でも驚いちゃうくらい、この時の私は欲張りさん。
それはきっと、この場に二人きりだったから......。


続きを読む