SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

律子「プロデューサー、今日もお願いします///」

2017年04月18日

転載元:



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/17(月) 15:35:26.78 ID:cEIGFnez0


事務所に俺と律子以外誰もいなくなると、律子がそう言ってきた。

P「…それじゃあ今日も始めるか」

律子「はい///」

律子は返事をしてすぐに上着とシャツを脱いだ。

すると律子の胸に、かなりきつめのさらしが現れた。

そしてそれを外すと、明らかにプロフィールより大きい胸が現れた。

そして俺はすぐさま律子の胸をもみ始めた。

P「また大きくなったんじゃないのか?」

律子「は、はい///2cmほど///」

俺の手つきはもむというより牛の乳しぼりに近い…いや、あきらかにそれである。

そしてもみ始めてからわずか一分で…

律子「ああ!//だめ!出ちゃう!///」

プシャ プシャアアアアア

なんと律子の胸から勢いよく母乳が出始めていた。

そもそも俺がこういうことをしているのはわけがある。

それは今から約一か月前のことである。



























2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/17(月) 15:44:31.20 ID:cEIGFnez0


その日俺は忘れ物にしたことに気づき、事務所へと戻った。

事務所にはまだ律子が残業中で、カギは開いていたはずだ。

しかし、事務所へ着くと、カギは開いていたが律子の姿がない。

コンビニへといったのか?と考えていると…

律子「ぁ…ぁぁ…」

小さいが律子の声が聞こえた。

どうやら事務所の洗面台にいるみたいだ。

俺は洗面台にそっと向かうとそこには…

律子「ああ…だめぇ…」

律子が胸をはだけさせて、自分の胸をもんでいた。

俺はまさか律子が事務所でこんなことをしているとは思わなかった。

しかもよく見てみると…

P(あ、あれ母乳か!?しかもでかい!?)

律子の胸からは白い液体、すなわち母乳がとめどなくあふれていた。

しかもおっぱいのサイズも明らかにプロフィールより大きい。

P(や、やべえ…)

俺は律子に気づかれぬよう、そっと後を立ち去ろうとしたのだが…

P「うおっ!」

バタン!

コードに足が引っ掛かり、物音を大きく立てて転んでしまった。

律子「え!?」

すると律子が、上着を直すのも忘れ、洗面台から出てきてしまった。

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/04/17(月) 15:52:00.48 ID:cEIGFnez0


律子「ぷ、プロデューサー!?いつからそこに!?」

俺はこれはもうごまかせないなと悟り、律子に今見ていた光景を打ち明けた。

律子「うう…///」グスン

当然律子は顔を赤くし、涙目になってしまった。

P「あ、あの、律子、いつから、ええと、その…」

律子「…いいです。私もすべて打ち明けますから」

律子曰く、律子の家系の女は全員妊娠してなくても母乳が出る体質らしい。

律子も例外ではなく、2か月ほど前から出るようになってしまったらしく、毎日朝と夜に搾乳を行うようになった。

しかし今日のように仕事が立て込んでしまった場合は、我慢できずに仕方なく事務所の洗面台で搾乳していたという。

しかもおっぱいも大きくなってしまうようで、現在95cmだそうであり、普段はさらしでごまかしているという。

続きを読む

関連のSS

美也と藍子と将棋のこと
【SS】二宮飛鳥 VS 電動マッサージ機
5pt
【モバマス】凛「特別な人」
【SS】愛海とお仕事!
15pt
【アイマス】P「こんなこと辞めてくれ!」響「うるさい!」【安価】
5pt
アナスタシア「Сириус」
14pt
【アイマス】美希「でこちゃんと倦怠期なの」
9pt
美希「でこちゃんと倦怠期なの」
5pt
【アイマス】P「新しいグッズのアイデアないかな?」春香「アイマ聖水なんてどうですか!」
15pt
P「新しいグッズのアイデアないかな?」春香「アイマ聖水なんてどうですか!」
8pt
【アイマス】律子「アナタのお悩み相談室!」まゆ「Q&A RADIOですよぉ」
60pt
律子「プロデューサー、今日もお願いします///」
56pt
【アイマス】P「俺と美希は喧嘩が絶えない」
37pt
P「俺と美希は喧嘩が絶えない」
【R-18】栗原ネネ「温泉旅館で」相葉夕美「リラックス」【デレマス】
33pt
【アイマス】P「アイドル達に言われたいセリフ」
36pt
P「アイドル達に言われたいセリフ」
12pt
【アイマス】P「貴音、美希、伊織、やよいが乗った車内で誰かが屁をこいた」
【SS】「北上麗花は二度刺す」
9pt
春香「は~は、春香の ハーハ ハルカノ」