誕生日の超短編うみまき

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 23:23:15.50 ID:gYSjtB4k.net

真姫「あの、海未ちょっといい?」

海未「どうしました?今度の曲のことで何かありましたか?」

真姫「そっちは問題ないわ。えっと、その......」

海未「?」

真姫「海未、これ......」スッ

海未「えっと、これは?」

真姫「プレゼント、誕生日でしょ?」

海未「ありがとうございます、覚えていてくれたんですか?」

真姫「べ、別にただ私と誕生日が近かったから印象に残ってただけよ」

海未「そういえば真姫は四月生まれでしたね」



2: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 23:24:21.45 ID:gYSjtB4k.net

海未「ふふ、同い年の幼馴染の穂乃果やことりより真姫の方が歳が近いわけですね」

真姫「そういうことになるわね」

海未「勝手に真姫のことを妹のように思っていましたが考えを改める必要があるかもしれませんね」

真姫「妹って...」

海未「すいません、嫌でしたよね」

真姫「そ、そんなことないわよ。私だって海未がお姉ちゃんだったらなんて考えたこともあるし......」ゴニョゴニョ

海未「後半の方がよく聞き取れなかったのですが...」

真姫「な、なんでもない!」

海未「そうですか?」


3: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 23:25:31.41 ID:gYSjtB4k.net

海未「これ、開けてもいいですか?」

真姫「別にいいけど」

海未「では失礼して......、これは、万年筆ですか」

真姫「き、気に入らなかった...?」

海未「いえ、そんなことありませんよ。大切にさせてもらいますね」

真姫「よかった...」

海未「ですがどうしてこれを?」

真姫「まあ今までのお礼とこれからもよろしくってことかしら」

真姫「今までずっと海未が詩を書いてそれに私が曲をつけてきて...。海未の書いた詩だからこそ私も今までいい曲を書けてきたしそのお礼」

真姫「それにμ'sとしては次の秋葉でのライブが最後かもしれないけど、来年もまた一緒に曲を作っていきたいから、少しでも海未の力になれたらって思って」

海未「...そうですね、絵里たちがいなくてもμ'sとしてでなくても私たちは続けていくと決めたのですからきっとまた一緒に曲を作ることになるんでしょうね」

海未「真姫、ありがとうございます。私からもよろしくお願いします。これからμ'sに負けないぐらいの曲、作っていきましょう」

真姫「......えぇ、よろしく」


続きを読む