SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

【アイマス】心に従う勇気を

2017 02/25

  1. >
  2. >


2: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:39:27.29 ID:82PlN37Do



私はなんてバカなんだろうと。
最近よくそう思う。

別にアイドルになりたかったわけではない。
それなのに、歌が歌えるなら何でもいいと飛び込んだ。
飛び込んだ先がどういう世界か。
そんなことは何も知らなかったのに。

私はさぞ扱い辛かったことだろう。
振り返った時に自分でそう思うのだから、間違いないと思う。
今はそうではないのかと問われると、即答できかねるのだけれど。

でも、以前よりはマシになっているはず。
きっと、多分。
……そうだといいなぁ。



3: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:40:40.52 ID:82PlN37Do



「千早、どっちの仕事がいい?」

呆けていると、いつの間にか目の前にプロデューサーがいた。
その手にあるのはテレビの企画書らしい紙束。

一つは正統派の歌番組。
もう一つはバラエティ寄りの旅番組。

「………歌番組の方で」

「分かった。こっちの企画で先方と話を進めてみるよ」

千早ならこっちを選ぶと思ってた。
小さく笑ったその顔がそう言っていた。
確かにそうなのだけれど、そうではないのに。



4: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:41:17.76 ID:82PlN37Do



以前の私なら、歌以外には目もくれなかっただろう。
でも今は違う。

色んな経験を通じて、如月千早という人間を大きくしていくこと。
それこそが、私の歌をより多くの人たちに響かせるために必要なことなのだと。
そう教えてもらったから。

それなのに、私は無難な選択をしてしまった。
新しいことへの挑戦をためらってしまった。

なぜ?
最高の結果で応えて、プロデューサーに喜んでもらいたいから。
歌番組でなら、それができると思ったから。



5: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:42:08.20 ID:82PlN37Do



ううん、違うわね。
そんなのはただの言い訳。

たとえ新しいことに挑戦して、失敗してしまったとしても。
プロデューサーは決して笑わない。
挑戦そのものを肯定して受け入れてくれる。
その結果を次につなげるために、全力で取り組んでくれる。



6: ◆Hnf2jpSB.k 2017/02/25(土) 20:42:43.40 ID:82PlN37Do



そんな人だったから、私をここまで変えることが出来たんだと思う。
世間知らずで、意固地で。
そんな私と辛抱強く付き合ってくれた。

私を否定するわけではなく。
私を矯正するわけではなく。

ただ、私が見えていなかったものを教えてくれた。
私の可能性を信じてくれた。

そんな人だったから私は……



続きを読む

関連のSS

15pt
【アイマス】P「こんなこと辞めてくれ!」響「うるさい!」【安価】
アナスタシア「Сириус」
13pt
【アイマス】美希「でこちゃんと倦怠期なの」
9pt
美希「でこちゃんと倦怠期なの」
5pt
【アイマス】P「新しいグッズのアイデアないかな?」春香「アイマ聖水なんてどうですか!」
15pt
P「新しいグッズのアイデアないかな?」春香「アイマ聖水なんてどうですか!」
8pt
【アイマス】律子「アナタのお悩み相談室!」まゆ「Q&A RADIOですよぉ」
64pt
律子「プロデューサー、今日もお願いします///」
55pt
【アイマス】P「俺と美希は喧嘩が絶えない」
38pt
P「俺と美希は喧嘩が絶えない」
【R-18】栗原ネネ「温泉旅館で」相葉夕美「リラックス」【デレマス】
35pt
【アイマス】P「アイドル達に言われたいセリフ」
36pt
P「アイドル達に言われたいセリフ」
13pt
【アイマス】P「貴音、美希、伊織、やよいが乗った車内で誰かが屁をこいた」
【SS】「北上麗花は二度刺す」
10pt
春香「は~は、春香の ハーハ ハルカノ」
13pt
【アイマス】春香「は~は、春香の ハーハ ハルカノ」
78pt
P「相手の名前を呼ばずに会話をしてみるとどうなるか」
40pt
【アイマス】P「相手の名前を呼ばずに会話をしてみるとどうなるか」
20pt
【アイマス】P「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ響ぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」