P「どうしたんですか、小鳥さん!?」 小鳥「じ、実は>>2が……」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 03:16:25.32 ID:Ag2la+UfO

P「今にも死にそうじゃないですか!?」

小鳥「>>2がぁ!!>>2がぁぁあぁぁあぁぁぁぁあぁぁぁ!!!!?」

P「>>2!? >>2って一体なんですか!」

小鳥「うおおおおおおおお!!!? >>2! >>2! >>2がぁぁぁぁぁぁgじっぁぁ!!?!??!?!??!!!!」

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 03:17:27.43 ID:liqmmj7C0

婚期



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 03:24:12.10 ID:Ag2la+UfO

小鳥「婚期、婚期がぁぁあじゃぁぁあぁぁぁぁあg;、;r!!!」

P「こんき......? 婚期って......」

P(そうか、小鳥さんは2X歳にもなって結婚できないことが我慢ならずついに発狂してしまったというわけだ)

P(しかし、何だってこのタイミングなんだ?)

P(俺達は>>4をしていた、それだけのことが、こんな結果をうむだろうか?)


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 03:26:08.06 ID:S9MSUvtco

ブライダルフェアの企画


7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 03:36:31.60 ID:gO4D9ow60

P君ピュアすぎるだろ


8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 03:41:09.61 ID:Ag2la+UfO

P(そう、俺達はブライダルフェアの企画をしていただけだ)

P(もちろん、俺と音無さんの結婚前の準備ってわけじゃあない、)

P(ブライダルフェアで行われる模擬結婚式、コレを大きなイベントにしようという某社からあずささんをゲストに招きたいという話が来た)

P(俺は結婚なんて当分先だと思っていたから詳しくない、そこであずささんに聞いてみたところが、)


あずさ『わたしより、小鳥さんのほうが詳しいんじゃないでしょうか、』

あずさ『何度も結婚式に参加しているとのことなので』

P『ありがとうございます、早速聞いてみます』


9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 03:52:40.22 ID:Ag2la+UfO

P(そこで俺は音無さんに話を持ちかけた)

P(音無さんは何かを読んでいた、近づいてみる、ゼクシィだ、やはり音無さんこそ相談相手に適任だ、俺はそう思った)


P『すみません、ちょっと相談が』

小鳥『ピ、ピヨォ! プロデューサーさん、いらっしゃったんですか!? わ、わたしは別に何も読んでませんよ!』

P『音無さんは、その、コレまでに結婚を考えたことってありますよね?』

小鳥『結婚ですか? そりゃ、何度だって結婚したいと思いましたよ、でもね、その、』


P(音無さんは何か言いよどんでいるようだった、そして、そのすぐ後だった)


小鳥『こ、婚期ィィィィィい、良いぃぃきぃ!!! コンキガァァ!!!』


P(音無さんは発狂した)

P(きっと俺の言葉がいけなかったんだ、俺は音無さんに>>10と言った)

P(たったそれだけのことが、この一人の女性を狂乱へと導いてしまったに違いない)


続きを読む