真姫(28)「過労で倒れるなんて…」花陽(28)「えへへ…」


1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 23:46:11.32 ID:85fLjHtW.net

~ 西木野総合病院 診察室 ~


真姫(28)「えへへじゃないわよ!久々に会ったと思ったらこんなとこで──」

花陽(28)「ごめんね迷惑かけて...もう少しで家だったんだけど...」



2: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 23:46:50.93 ID:85fLjHtW.net

真姫(28)「はぁ──じゃあ着く前に倒れてラッキーだったわね。忙しいのはわかるけど、このまま働いてたら取り返しのつかないことになってたわよ。」

花陽(28)「そんなぁ...大げさなんだから真姫ちゃんは...」

真姫(28)「何よ、私の診断にケチつける気?」

花陽(28)「めっ、滅相もないですっ...!」


3: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 23:47:46.63 ID:85fLjHtW.net

真姫(28)「とにかく今日はウチで休んで...それから明日全身の精密検査まとめてするわよ。どうせ健康診断とかも行ってないんでしょ?」

花陽(28)「入院にナッチャウノォ!?それはダメだよぉ...明日もお仕事が...」

真姫(28)「アナタねぇ──私の話聞いてた?」

花陽(28)「うう...でもたくさんの人に迷惑かけることになっちゃうし...私もたくさん準備してきたし...」

真姫(28)「...。」


4: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 23:48:25.80 ID:85fLjHtW.net

花陽(28)「なんとかならないかな...真姫ちゃん...」

真姫(28)「──とにかく今夜はここにいなさい。」


真姫(28)「花陽が朝出るまでに、できる限りのことはさせて貰うわよ。」

花陽(28)「真姫ちゃん...ありがとう!」


5: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 23:49:07.25 ID:85fLjHtW.net

真姫(28)「全く。ところで花陽、ご飯はちゃんと食べてる?」

花陽(28)「それは大丈夫!どんなに忙しくても三食欠かさず食べてるよ。」

真姫(28)「そう。じゃ、これ。」ポイッ

花陽(28)「えっ...バケツ...?これを何に──」

真姫(28)「できる限りのことをする、って言ったでしょ?」


6: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 23:49:49.44 ID:85fLjHtW.net

真姫(28)「何が何でも今夜中に全身調べ上げてやるんだからね、覚悟しなさい。」パチンッ

花陽(28)「ま、まさか...その手袋は...」

真姫(28)「察しがいいのね。ほら、口開けなさい。」

花陽(28)「ひぃっ...だっ......だっ...!」


\ ダレカタスケテェ!! /


オェェエエエエエ

────────────


続きを読む