サシャ「壁に穴のある街で」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:03:14.26 ID:ANSgqnpY0

・進撃のssです。

・昔書いた

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:04:07.56 ID:ANSgqnpY0

私はうまく喋ることができません

故郷の訛りが強いこともありますが

元々がそうなんです

でもそれではいけません。もっと頑張らないと

世界は大変なんです

まあ、私が頑張ったところでなんてとは思いますが

それで少しでもみんなが良くなればいいです

サシャ「ちょっと教えてもらませんか?」

アニ「はっ?」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:06:27.29 ID:ANSgqnpY0

彼女はアニと言います

とてもとても優しいです

強くて優しいです

そういえば私達は何度も何度も間違えを確かめました

これが正解だと勘違いするほどです

サシャ「このワイヤー」

アニ「立体機動のワイヤーのこと?」

サシャ「ええ、なんで錆びないんですか?」

サシャ「鉄でできてますよね?」

アニ「違うよ」

最近は解らないことが増えてきて

アニ「知らないの?」

サシャ「はい」

どんどん聞いてます。なので

どんどん頭が良くなったらいいです

実はもうすごくいいかもしれないですが


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:12:54.14 ID:ANSgqnpY0

アニ「前に習ったでしょ」

サシャ「はぁ?」

アニ「はぁ・・・」

サシャ「教えてくださいよー」

アニ「まったくなんで憶えてないの」

ミカサ「サシャを責めては駄目」

アニ「ミカサ」

ミカサはとても優秀です。優しくて強いです。

そうです。強さを持っています


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/28(月) 22:14:17.07 ID:ANSgqnpY0

ミカサ「解らないことは分からない。仕方ない」

サシャ「そうです」

アニ「そうです、じゃない」

ミカサ「なにが分からないの?」

私は説明をします。分からないことを

知らないことを、そればっかりです

ミカサ「まったくなんで憶えてないの」

アニ「それ私も言った」

サシャ「仲良しですね」

アニ「あっ」

ミカサ「うーん」


続きを読む