関連記事:
1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/09(水) 21:20:14 ID:IGyOT7/U

一夏「あ~そーいえばさ~、頭撫でてみたんだよ」 カチャカチャ

弾『やったんか~……やってしまうキミか~そうだよな~どうだった~?』カチャカチャ

一夏「いや、もうやっぱりいいねあれは。すごい幸せになるぜ」 カチャカチャ

弾『そりゃよかったな。回復そっちにないか?』

一夏「さっき取っちまったよ」 カチャカチャ

弾『おま…………イケるかこの敵の数……それで?鈴の頭撫でたんだろ?』カチャカチャ

一夏「なんでわかる?撫でたっていうかこう、くしゃくしゃーってな。あいつ犬みたいだったよ」 カチャカチャ

弾『それを撫でると言うのか?……よっしゃ最後の一匹だ』カチャカチャ



2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/09(水) 21:22:00 ID:IGyOT7/U

一夏「アーマー回収してくるわ。いや、アレはアレで鈴喜んでたっぽい……と思う…………」 カチャカチャ

弾『なら別に…………あ、味方が倒しちゃったな』カチャカチャ

一夏「偉いぞレンジャー。百万年無税」


一夏「ファッ!?」 カチャ


弾『絶望の看板に偽りなし……死んだな。このミッションは武器変えて再挑戦するか』カチャカチャ

弾『で、話の延長線ってわけでもないんだがよ……頭撫でてみたいか?』

一夏「あン?あ、俺死んだ。それって誰がお前の頭を……」


4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/09(水) 23:02:57 ID:U/gx7kaw

弾『なんで俺がお前に頭撫でさ
るんだよ。ちげーよ、蘭の頭でいいなら撫でてみてもいいんじゃねーかと思ってな』

一夏「……自分の妹の知らんところで勝手に言ってもいいのか?」

弾『だぁじょぶだぁじょぶ』

一夏「あと俺の復活希望」

弾『それは大丈夫じゃねぇな』カチャカチャ

弾『で、どうなんだ?撫でてみるか?』

一夏「そりゃ撫でてみたいっちゃ撫でてみたいけど…………」