同じSSをまとめているブログ

エレファント速報

SS宝庫

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 12:40:43.86 ID:3PGoe8Vm0


ハリー「どう、と言われても……」

ロン「入学当初は天才だって持て囃されてたけど、」

ロン「いざフタを開ければ、基本のキ、物を浮かせる魔法もうまくいってないじゃないか」

ハリー「……」

ロン「炎を出す魔法も、占いも、魔法薬学も、全部ビリッケツじゃないか」

ハリー「……」

ロン「正直、ボクやネビルよりおちこぼれな人間がいるなんて思わなかったよ……」

ハリー「……」

ロン「唯一熱心に練習してるのは、肉体強化と、魔法に対する防御呪文だけ」

ハリー「……」

ロン「何でそんなに偏ってるのさ」

ハリー「うーん……何となく、としか……」

ロン「何となく?」

ハリー「相性っていうのかなぁ……なんか、そういうのしかやる気がしないんだ」

ロン「あっきれた!」







12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 12:43:25.73 ID:qy5ZzQF+0

レベルを上げて物理で殴ればいい



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/28(土) 12:45:37.74 ID:3PGoe8Vm0


ロン「おかげで先生たちに怒られっぱなしじゃないか グリフィンドールの皆で庇うの大変なんだからね!」

ハリー「……ほんとゴメン……」

ロン「うん、まあハリーがイイ奴だから、ボクも皆も率先して庇ってるんだけどね」

ロン「でも、杖まで捨てちゃうのはどうかと思うよ」

ハリー「……」

ロン「杖を使うのがイヤだからって、呪文だけで魔法が使えるように練習までして」

ハリー「……」

ロン「おかげですっごく簡単な魔法だって、使えるようになるまで人の何倍も努力が必要じゃないか」

ロン「まったく理解に苦しむよ!」

ハリー「……なんか、杖って性に合わなくって……」

ロン「しかも、今はその呪文すらイヤがってるんだって?」

ハリー「……」

ロン「あのねぇ、杖もなく、呪文もなく、心で念じただけで魔法が発動できるようになるなんて……」

ロン「すっごく大変なことなんだよ?」

ハリー「うん……」



31: