1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/05/03(月) 11:21:01.92 ID:fXMEQlMj0 私の世界は、常に灰色だった。 私と、それ以外の他者。 誰とも繋がらず、繋がる勇気も持てなかった。 私の世界には、私しかいない。 だからなのか、世界は灰色に見えた。 --- 高校に入学するまでの記憶は殆どない。 しかし、今と対して変わらない生活をしていたと思う。 学校に行き、 本を読み、 誰もいない家に帰り、 時々差し入れに来る朝倉さんとご飯を食べる。 それの繰り返しだ。 そんな代わり映えのない世界に、...