1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/11/06(日) 21:05:05.88 ID:sFmPWIjQ0 龍驤「ん・・・?なんや?」 時刻はフタマルマルマル、入浴を終え部屋へ戻る龍驤の目に奇妙な影が移った。 白い影がちょうど自分の部屋の扉の前をうろうろしていたのだ。 まさか幽霊ではないかと思うも、近づくにつれ正体がわかりほっと息を吐く。 龍驤「天津風、なにしてるん?」 天津風「ふぇ!龍驤さん!どうしてこんなところに!」 心底驚いた顔の天津風は髪を下ろし寝間着に着替えていて、龍驤と同じ姿になっていた。 龍驤「いやここウチの部屋やし、...