2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/06/02(木) 09:04:44.07 ID:ZVgzIjhh0時雨「流れ星が、綺麗だったんだ」隣に立つ彼女は、目の前の光景を見てポツリと呟いた時雨「だから、僕はお願い事をしたんだよ」時雨「子供が七夕の短冊に書くような、稚拙で無邪気なお願い事さ」響く悲鳴、怒号、泣声この世のものとは思えない、惨状時雨「それが……まさか、こんな事になるとはね……」彼女は口元を手で抑え、俯いた泣いているのだろうか?いや、違う長い付き合いだ。彼女のことは実の娘のようによく知っている彼女は……いや、こいつは3: 以下、名無しにかわりましてSS速...