1 : 以下、名... - 2010/06/30(水) 21:28:19.15 iz5lWJVq0 1/25 放課後の部室に私は長門有希と二人きりでいた。涼宮ハルヒが私に望んだ通り私はメイド服を着用しお茶の準備をする。いつもならもうとっくに来ているはずの涼宮ハルヒも古泉一樹も彼も来ていない。二人だというのにまるで一人でいるように静かな部室。私と長門有希の間に会話など無い。彼女と二人きりになって会話が出来るのは涼宮ハルヒか彼ぐらいだろう。「どうぞ」笑顔とともにお茶を渡す。彼なら「ありがとうございます、朝比奈さん」とデレデレした表情を見せてくれるだろうに彼女は一瞬チラリとこちらを見て小さく頷くだ...