1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 13:24:29.24 ID:C8AP0pIO0
提督「彼女達に死ねと仰るのですか!」

上層部A「そうではない。あくまで敵をひきつけて欲しいだけだ」

提督「戦力差は閣下とてお分かりでしょう!?
本気で言っているのですか!」

上層部A「これはもう決定事項だ。君がここで何を喚こうが変わりはせん。
それとも、反逆罪を適用されたいのかね?」

提督「くっ…!」

上層部A「共に戦ってきた君のことだ。その憤りも分かるが
我々は戦争をしているのだよ。感情に流されては勝つことなどできん」

提督「しかし…!」

上層部B「彼女らの無事を願う気持ちも分かる。しかし君は軍人だ。
諦めろ、というつもりは無いが分かってくれ。交信終わる」

SSWiki :

引用元:

 

posted with
むらさき ゆきや
KADOKAWA/角川書店 (2015-06-30)
売り上げランキング: 212
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 13:25:13.10 ID:C8AP0pIO0
提督「なにが『感情に流されては』だ。今更この戦局が…。
いや、それこそもう今更だ。止むを、得んか……」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 13:26:07.21 ID:C8AP0pIO0
提督「君達を呼んだのは他でもない」

提督「今度行われる作戦…君達には囮部隊を務めて貰いたい」

瑞鳳「囮部隊…」

提督「ああ。これまでの戦闘において敵軍は君達のような
空母を優先的に狙ってくることが確認されている。
本隊の突破を容易にするために
敵の主力を誘き寄せてもらいたい」

瑞鶴「私達4人で、ですか…?大丈夫なんでしょうか…」

瑞鶴も眉をひそめる。その不安ももっともだ。
しかし、提督は表情を変えることもなく言葉を続ける。

提督「…ハッキリ言おう。私は君達に『死ね』と言っている。
客観的に見てこの作戦からの生還率は限りなく低い」