1: ◆5yXN2jIX2Y 2016/04/03(日) 01:45:29.43 ID:RVCvaGcC0

※独自解釈のオンパレードです。
なるべく公式設定に準ずるようにしてますが所々に想像や妄想がありますので注意してください。


2: ◆5yXN2jIX2Y 2016/04/03(日) 01:48:14.99 ID:RVCvaGcC0

【戦車道西住流演習場】

常に先を読み優位に立ち相手を圧倒するように戦況を動かしてきた私だったが、娘に対しては翻弄される一方だ。これまで戦ったどの試合よりも先を見通せないし、上手く立ち回れないでいた。

しほ「...」スタスタ

西住流門下生A(以下門下生A)「家元!お疲れ様でした!」ペコ

西住流門下生B(以下門下生B)「お疲れ様でした」ペコ

しほ「...お疲れ様でした。私用で戻りますが引き続き貴方達は模擬戦を続けなさい」 スタスタ

門下生AB「「はい」」


3: ◆5yXN2jIX2Y 2016/04/03(日) 01:49:13.49 ID:RVCvaGcC0

目下私の気がかりとなっているのはみほのことだった。まほは私によく似ていたからあの子へ物事を伝えるのは容易にすんだ。だがみほは私ではなく常夫さん
に似ていた。だからこそ同じ目線から伝えれる夫に頼りたいが、その常夫さんは今いない。
夫は世界大会開催に向けて戦車道連盟からの申し出を受け、数年前からドイツにて技術指導をしている。相談には乗ってもらうが、あまり帰っては来られないし手紙や電話では娘たちのことを伝えるには限度がある。


4: ◆5yXN2jIX2Y 2016/04/03(日) 01:50:48.63 ID:RVCvaGcC0

門下生A「最近の家元はいつにも増しておっかないな」

門下生B「ほら、あれだよプロリーグがどうとかっていう」

門下生A「なるほどそれでピリピリされてるのか」

門下生B「つい昨年家元を襲名されて仕事を引き継いだり、娘さんのことだったり色々重なって大変なのよ」

私がお義母様より家元を襲名したのが去年の夏、西住流の家元としてこの流派を体現する者であり次代を育てる義務を負った。そんな折にあの試合があった。
みほの行動は人として賞賛されるべき物だ、母として誇らしいとさえ思った。しかし私は西住流の体現者であり家元なのだ戦術的に見てあの行動は咎めなくてはならなかった。母としてでなく家元として、みほが西住流を継ぐ者になれるようにと。
その結果は失敗だ。伝えたかったことは他にもあったのに上手くあの子に話せなかった、私は不器用な自分を嘆く。