同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

エレファント速報

YomiCom

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 20:56:10.08 ID:J6h1DmE80
いつものように、一見無意味なように思えて、よくよく考えてもやっぱり意味のない無益な部活動を終え、足早に部室から立ち去る間際。

長門「……待って」

キョン「ん?」

袖口を掴んで引き留めてきたのは長門有希。
既にハルヒや他の部活は退室しており、部室には俺と長門の2人しか残されていない。
タイミングを見計らっていたのは明白であり、何か人に聞かれると不味いような内密な話であると推察した俺は、声を潜めて要件を伺った。

キョン「どうかしたのか?」

長門「……夜8時、マンションにて待つ」

要件はそれだけだったらしく、長門は俺の脇をすり抜けて部室を出て行った。勝手な奴め。
とはいえ、長門の説明不足はいつものことであり、いい加減慣れていたので、憤りはしない。

あいつにはこれまで散々助けられてきた。
ならば、急な呼び出しくらい応じてみせよう。
それだけの恩を俺はたっぷり着せられていた。

やれやれ、とは口に出さない。
それでも、せめてもの意思表示として首を振りつつ、今度こそ部室を後にしたのだった。




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 20:59:57.11 ID:J6h1DmE80
長門「……入って」

時間通りに長門の自宅マンションを訪れると、音もなく部屋のドアが開き、招かれた。
無論、エントランスで来訪は告げたのだが、それにしたって用意が良すぎる気がする。
もしかしたら長門は帰宅してからずっと玄関の前で俺が来るのを待っていたかも知れないと思うと、なんだか少々申し訳ない気分になる。

とは言いつつも、もしそうだとしても長門がすることだから別に驚くことはないし、ましてや俺如きが余計な気を回す必要もないのだろう。
というわけで、促されるまま俺はお邪魔した。

長門「……座って」

リビングに敷かれた座布団を指し示して、着座しろと言われたので、素直にそこに座る。
すると長門はテーブルの上に置いてあった急須を手に取り、用意してあった湯飲みに注ぐ。

長門「……飲んで」

キョン「ああ、悪いな」

あらかじめ準備されていたこともあり、もしや冷めているのではなかろうな、と思ったが、湯飲みからは湯気が立ち昇っており、それはどうやら杞憂だった。口をつけると、やはり熱々。
まあ、長門だしな。魔法のようなものだろう。
まさに、『魔法瓶』と呼べる芸当に舌鼓を打っていると、脈絡なく、長門が質問を口にした。

長門「……夕飯は、食べた?」

キョン「ああ、済ませてきた」

長門「……そう」

俺の返答に対して、どこか寂しげに見えた。
本気で落胆しているかどうかは定かではない。
それでも俺に、夕飯なぞ食べてこなければ良かったと、そう思わせるには充分な反応だった。