同じSSをまとめているブログ

プロエス!

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 22:35:51.88 ID:0wrFEpZQ0

・モバマスの海老原菜帆と相原雪乃のSSです。


前作


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 22:37:27.00 ID:0wrFEpZQo

P「え~と、誰が乗るの?」

雪乃「もちろん、私たち3人でですわ」

P「そ、そもそもどうして突然観覧車が出てきたんだ?」

菜帆「この間、朋さんが担当のプロデューサーさんとロープウェイのゴンドラに
乗ったという話を聞きまして~」

雪乃「私たちも何かしたいと……ゴンドラ繋がりで観覧車に乗ろうという話になりましたの」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 22:38:32.81 ID:0wrFEpZQo

P「そ、そうか……」

P(まずいぞ、俺には乗れないというか乗りたくない理由が……)

P(きっと正直に話せば、2人とも分かってくれる。ただ……)

P(プロデューサーとして、2人をがっかりさせるわけにはいかない!)



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 22:39:54.58 ID:0wrFEpZQo

P「分かった。一緒に乗るよ」

雪乃「嬉しいですわ、プロデューサーさん」

菜帆「ありがとうございます~」

P(……言ってしまった手前、もう後には退けないな)



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 22:41:15.11 ID:0wrFEpZQo



菜帆「わあ~、どんどん高くなっていきますね~」

雪乃「素敵な眺めですわね、プロデューサーさん」

P「……」

菜帆「プロデューサーさん、どうしたんですか~?」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 22:42:48.44 ID:0wrFEpZQo

P「え、いや、何でもないよ」

雪乃「……それならどうして、目を閉じているのですか?」

P「それは、その……」

菜帆「なんだか少し、顔色が悪い気がしますよ?」

雪乃「プロデューサーさん。隠し事はしないで、教えて下さいませ」

菜帆「お願いします~」

P「わ、分かった。正直に言うよ」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 22:44:04.74 ID:0wrFEpZQo

P「俺は、高いところがダメなんだ。いわゆる高所恐怖症なんだよ」

雪乃「そんなに大切なこと、なぜ黙っておられたのです?」

菜帆「その事を知ってたら、観覧車になんて誘いませんでしたのに~」

P「ああ。でも、せっかくの雪乃と菜帆からの気持ちを無下にしたくなくて、つい
強がってしまったんだ」