1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/08(水) 08:42:11.324 :RgL1Ejl30.net

キョン「…五万か」

ハルヒ「少ないとか言わないでしょうね?」

キョン「そんなことないよ、ありがとう」

ハルヒ「あえて少な目にしてるんだからね、あんたが働くように」

キョン「ちゃんと仕事探してるって」

ハルヒ「ちゃんとおいしいもの食べてるの?材料買ってきたから今から何か作るわよ」

キョン「すまんな」

ハルヒ「えっと調味料はと…冷蔵庫に誰かの料理あるけど、誰かきたの?」

キョン「いやそれは…」

ハルヒ「有希でしょ?」

キョン「…昨日来たんだよ」

ハルヒ「来たなら来たって言えばいいでしょ、何で秘密にしようとしたの?」

キョン「お前が気にするかと思ってな…」

ハルヒ「気にするわけないでしょ、むしろ会いたいくらいだわ!」


8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/08(水) 08:49:34.729 :RgL1Ejl30.net

ハルヒ「…もしかして」

キョン「おい今度は何だよ…」

ハルヒ「やっぱり、この脱衣場の引き出し女ものの服や下着が入ってる!」

キョン「だから長門のだって言ってるだろ」

ハルヒ「だからなんで有希の下着や服が入ってるのよ!」

キョン「あいつたまに泊まるからそうしたいっていったんだよ」

ハルヒ「はぁ?ならこうするわ!」

ガサガサ

キョン「俺の引き出しひっくり返すなよ」

ハルヒ「あんたのならほかのところに移動してよ、とりあえず有希の引き出しの上は私専用の引き出しだから」

キョン「何で部屋の持ち主の俺が脱衣場に服を置けなくなるんだよ、そういうところ変わってないな」

ハルヒ「どうせ家賃の一部も私のお小遣いから払ってるんでしょ?」

キョン「いやそれは長門が…あっ」

ハルヒ「有希からもお小遣い貰ってるの?」

キョン「いや…この部屋の家賃払ってるのあいつなんだ」

ハルヒ「はぁ?」